格付け機関とは

« 分配型と再投資型 | メイン | 複利運用とは »

格付け機関とは

格付け機関とは、債券などの信用度(利子支払い能力)を格付けする機関です。
格付けの高いものは、デフォルトリスクが低いと判断された投資対象です。


格付け機関の代表的なものに、スタンダード&プアーズ(S&P)、
ムーディーズ(Moody's)があります。
上記の発表する指標は、とても似ていますが、若干違います。

スタンダード&プアーズ(S&P)、ムーディーズ(Moody's)の指標

信用度S&Pムーディーズ
S&P、ムーディーズの指標AAAAaa
AAAa
AA
BBBBaa
BBBa
BB
CCaa-C

これらの指標は、目論見書にも使われます。
例を挙げると、"格付けBBB以上の債券に投資"等のように、記載されます。
これは、投資対象の信用度を、明確にするためです。

一般に、格付けの高いものは、先進国のソブリン債。
低いものは、途上国の債券や、業績が悪化した会社の社債などです。

格付け機関とは、債券などの信用度(利子支払い能力)を格付けする機関です。
格付けの高いものは、デフォルトリスクが低いと判断された投資対象です。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール