投資信託ガイドTop > 投資一般の知識 > 投資者保護基金とは

« MMFの購入・解約の取引条件はどうなっているのか? | メイン | ネット証券のATMを使った入出金への対応状況 »

投資者保護基金とは

 証券会社が破綻した場合、通常であれば顧客の資産は全額返還されます。証券会社が破綻しても、顧客の資産が全額返還される理由は、(1)顧客資産を安全に保管するためには、顧客資産を証券会社の借り入れの返済に使えないように、"顧客の資産"と"証券会社の資産"とを分けて管理するのが効果的ですが、(2)証券会社は、"顧客の資産"と、"証券会社の資産"とを分別管理*するように義務づけられているからです。

補足説明

* 可児滋さんの本によると、具体的な分別管理方法は、「証券については、顧客分と証券会社固有分とを分別保管し、現金部分等については、相当金額を信託銀行に信託する(以下略)**」―というようにおこなっているそうです。
** 可児滋 『金融パーソンのための証券ハンドブック』 株式会社日本評論社、2005年、124頁より引用

 ただ、証券会社が破綻したとき、破綻した証券会社が、顧客の資産を全額返還できない可能性もあります。破綻した証券会社が、顧客の資産を全額返還できない可能性がある理由は、証券会社が破綻する前に、顧客の資産を、借り入れの返済に違法に使い込んでしまう可能性があるからです。

 そういった"顧客の資産を使い込んだ―証券会社の破綻"に備えて、投資者保護基金があります。では、投資者保護基金とは何でしょうか?

 投資者保護基金とは、破綻した証券会社の違法行為(顧客資産の使い込み・分別管理の不徹底など)によって、顧客資産が全額返還できない場合に代わりに補償する機関です。投資者保護基金の補償の内容は、以下です。まず、投資者保護基金によって補償される資産は、投資信託に投資する際に関係あるものだと―ETF(株式)・現金があります。また、投資者保護基金によって補償される限度額は、顧客1人あたり1,000万円です。

補足情報

"投資信託"は、販売会社(証券会社・銀行など)が破綻しても、全額保障される仕組みになっています。販売会社が破綻しても、全額保障される理由は、(1)投資信託は、販売会社が受け取った資金を信託銀行に信託し、その資金の運用を運用会社が指図しますが、(2)その"信託銀行に預けられた資金"は、信託法によって保護されている―からです。

図:投資者保護基金の役割
投資者保護基金の役割



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292