« 銀行口座引き落としによる投資信託積み立て―証券会社の対応状況 | メイン | ほふり(=証券保管振替機構)とは »

特定口座とは

 特定口座とは、投資家の確定申告にかかる負担を、軽減するための口座です。

 特定口座の利点は、証券会社が年間の損益を計算してくれることです。特定口座を使わない場合は、取引ごとに証券会社から送付される取引報告書で、自分で計算しなければなりません。

 また、特定口座は、税金を源泉徴収(=利益から天引き)してもらうことで、投資家に代わり、証券会社が納めてくれます。この制度を使うことで、確定申告が不要になります。もちろん、源泉徴収をしないように選ぶこともできます。その場合は、自分で確定申告を行って、税金を納める必要があります。しかし、年間取引報告書(=証券会社が年間の損益を計算してくれた書類)を添付することで、比較的簡単に確定申告を行うことが出来ます。

 ちなみに源泉徴収をするか、しないかの変更は、その年に1度でも取引すると、年内は出来なくなります。

 便利な"源泉徴収あり"ですが、欠点が1つあります。税金の先払いになる為、以降、税金分は運用できなくなることです。計算例をあげてみましょう。100万円を1年間運用。値上がり益20%(=1.2倍)の取引を5回する場合。

図:100万円を1年間運用した場合の、源泉徴収の影響
100万円を1年間運用した場合の、源泉徴収の影響

 源泉徴収なしの方が、5万円(=119ー114)多く稼げることがお分かりだと思います。スペースの都合上、図には出来ませんが、取引数が10回あれば、54万円の差にもなります。

 "源泉徴収あり"、"なし"のどちらが良いかは、取引回数と利益によって異なります。年間の取引利益と、確定申告の手間を天秤にかけて、よく検討してみることが大切です。

 特定口座は、証券会社に申し込むだけで開設することが可能です。

 特定口座とは、投資家の確定申告にかかる負担を、軽減するための口座です。特定口座の利点は、証券会社が年間の損益を計算してくれることです。また、特定口座は、税金を源泉徴収(=利益から天引き)してもらうことで、確定申告が不要になります。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292