ほふり(=証券保管振替機構)とは

投資信託ガイドTop > 投資一般の知識 > ほふり(=証券保管振替機構)とは

« 特定口座とは | メイン | 分別管理とは »

ほふり(=証券保管振替機構)とは

 ほふり(=証券保管振替機構)とは、証券会社が預かった株式を、一括管理する機関です。そして、管理する株式の取引があった場合、株式を動かさず、権利のみを動かす仕組みになっています。

図:証券会社が預かっているA株に、売買が発生した場合の、株式の権利の移動
証券会社が預かっているA株に、売買が発生した場合の、株式の権利の移動

 ほふりの利点は、取引のたびに名義書き換えをしなくても、株主の権利を行使できることです。株主の権利とは、配当を受け取る事と、株主総会に出席できる事です。

 もし、ほふりがなかったら、株主の権利を行使するために、名義書き換えが必要になってしまいます。なぜ、名義書き換えが必要になると、問題なのでしょうか?名義書き換えには、3週間~1ヶ月かかり、その間、対象の株式は売れないからです。

 ほふりは、証券会社に実質株主届出書を、提出することで利用できます。

 ほふりを利用して、権利を取得した場合、実質株主になります。株主の前に"実質"とついていますが、株券が手元にないが、”実質”的に”株主”であるという意味で、通常の株主とまったく違いはありません。

 ほふり(=証券保管振替機構)は、証券会社が預かった株式を、一括管理する機関です。そして、管理する株式の取引があった場合、株式を動かさず、権利のみを動かす仕組みになっています。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール