外貨MMFの最低投資額

投資信託ガイドTop > 外貨MMF > 外貨MMFの最低投資額

« 外貨MMFのリスク | メイン | 2011年4月~6月の更新履歴 »

外貨MMFの最低投資額

 「外貨MMFの投資対象」で、外貨MMFは、(1)“先進国が発行する国債“、“格付けの高い公社債“など―安全性が高いものに投資し、(2)さらに、投資する資産の―残存期間も短い(平均残存期間90日)*―と解説しました。そのため、外貨に投資する商品の中では、比較的安全な商品です(ただし、外貨に投資するため、円高になった場合、円に換えたときに元本割れする可能性はあります)。
* 残存期間が短いと、金利変動の影響を受けにくくなります。

 ただ、比較的安全な投資商品であっても、最低投資額が高額なら、魅力的な投資商品とは言えないでしょう。では、外貨MMFの最低投資額はどのくらいなのでしょうか?

 外貨MMFの最低投資額は、“10通貨以上1通貨単位“が主流です。なお、最低投資額は、販売会社によって異なります。以下に、各証券会社の―米ドルMMFの最低投資額を表にまとめてみました。

図:各証券会社の最低投資額(米ドルMMFの場合)

証券会社名(証券会社のHPへ)最低投資額
SBI証券10米ドル以上1米セント単位
楽天証券10米ドル以上1米セント単位
マネックス証券1,000円以上1円単位
カブドットコム証券1万円以上1円単位
松井証券1万円以上1円単位






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292