投資信託ガイドTop > 外貨MMF > 外貨MMFのリスク

« 外貨MMFの利回り | メイン | 外貨MMFの最低投資額 »

外貨MMFのリスク

 「外貨MMFの投資対象」で、外貨MMFは、(1)"先進国が発行する国債"、"格付けの高い公社債"など―安全性が高いものに投資し、(2)さらに、投資する資産の―残存期間も短い(平均残存期間90日)*―と解説しました。そのため、外貨に投資する商品の中では、比較的安全な商品です。
* 残存期間が短いと、金利変動の影響を受けにくくなります。

 ただ、比較的安全な商品とはいっても、外貨建ての債券に投資するため、リスクはあります。外貨建ての債券に投資したときのリスクは、為替リスク・金利変動リスク・信用リスク―の3つです。では、外貨MMFの各リスクの程度は、どのくらいなのでしょうか?

 為替リスクは高く、金利変動リスク・信用リスクはともに低いです。なぜそう言えるのかを順番に解説していきましょう。(1)まず、"為替リスクは高い"と言える理由は、為替の影響で、価値が大きく動くことがあるからです。例えば、1米ドルが100円の時に米ドルMMFを購入した場合、購入後に為替が±10円動くと、±10%価値が変動してしまいます。米ドルMMFの年率:1.741%(2022年9月現在)と比較すると、いかにリスクが高いかおわかりいただけると思います。(2)次に、"金利変動リスクは低い"と言える理由は、残存期間の短い債券に投資するからです。(3)最後に、"信用リスクは低い"と言える理由は、格付けの高い債券に投資するからです。

図:外貨MMFのリスクの程度
外貨MMFのリスクの程度



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292