投資信託ガイドTop > 外貨MMF > 外貨MMFへの投資なら、auカブコム証券がおすすめ

« 外貨MMFの為替手数料 | メイン | 外貨MMFの積み立て投資 »

外貨MMFへの投資なら、auカブコム証券がおすすめ

 「外貨MMFの投資対象」で、外貨MMFは、(1)"先進国が発行する国債"、"格付けの高い公社債"など―安全性が高いものに投資し、(2)さらに、投資する資産の―残存期間も短い(平均残存期間90日)*―と解説しました。そのため、外貨に投資する商品の中では、比較的安全な商品です。
* 残存期間が短いと、金利変動の影響を受けにくくなります。

 ただ、外貨MMFを取り扱うネット証券はたくさんあります。外貨MMFを取り扱う―代表的なネット証券には、SBI証券・楽天証券・auカブコム証券などがあります。では、外貨MMFへの投資を始める場合、どの証券会社で始めればいいのでしょうか?

 auカブコム証券がいいです。auカブコム証券で外貨MMF取引を始めるべき理由は、外貨MMFに力を入れた―証券会社だからです。詳しくは、以下で解説します。

    ●為替手数料が最も安い
    ●商品も充実している

為替手数料が最も安い
 外貨MMFへの投資を始めるなら、"外貨MMFに力を入れた―auカブコム証券がおすすめ"だと解説しました。2つ理由を挙げましたが、まずは、"為替手数料が最も安い"から解説していきます。

 外貨MMFは、為替手数料の負担が大きいです。為替手数料の負担が大きいと言える理由は、以下です。(1)まず、外貨MMFの為替手数料は、1通貨の取引ごとにかかるからです。(2)また、外貨MMFの為替手数料は、往復で(=購入時と売却時)かかるからです。そのため、為替手数料は、重視しなければなりません。では、auカブコム証券の為替手数料は、どのくらいなのでしょうか?

 auカブコム証券の為替手数料は、外貨MMFを扱うネット証券の中で、もっとも安いです(トルコリラは、SBI証券の方がかなり安いです)。詳細な手数料は、以下です。米ドルMMFは、20銭。南アフリカランドは、30銭。トルコリラは、2円です。

図:外貨MMFを取り扱うネット証券の―為替手数料一覧

証券会社名(証券会社のHPへ) 米ドルMMF ランドMMF リラMMF
auカブコム証券 20銭 25銭 2円
SBI証券 25銭 30銭 50銭
楽天証券 25銭 30銭 1円50銭
マネックス証券 25銭
松井証券 20銭

※ -は、取り扱いがないことを表しています。

商品が充実している
 auカブコム証券の為替手数料は、外貨MMFを扱うネット証券の中で、もっとも安いと解説してきました。

 ただ、いくら為替手数料が安くても、品揃えがわるくて、欲しい通貨建てMMFが買えなければ意味がありません。では、auカブコム証券の外貨MMFの品揃えはどうなのでしょうか?

 一部取り扱いのないものもありますが、重要なものは全て取り扱っています。具体的な取り扱い商品は、米ドルMMF・南アフリカランドMMF・トルコリラ―の3つです。

図:外貨MMFを取り扱うネット証券の―取り扱い商品一覧

証券会社名(公式サイトへ) 米ドル 南アフリカランド トルコリラ
auカブコム証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券    
松井証券    









カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292