投資信託ガイドTop > REIT > REITのインデックス(ETF)投資

« 国内ETFのみで資産運用するときに使いやすい銘柄 | メイン | 長期投資するときの最大損失率の変化を知っておこう »

REITのインデックス(ETF)投資

 REITのインデックス(ETF)投資をすることで、REIT市場全体に投資するのと同じ効果が得られます。REITのインデックス投資をするには、"インデックスファンド(=REIT市場をそっくりコピーする指標(=インデックス)に連動することを目指す銘柄)"に投資を行います。REITのインデックス:「東証REIT指数」は、"2003年3月31日のREIT全銘柄の時価総額を基準(1,000)"として、"現在のREIT全銘柄の時価総額"をポイントで表示しています。ただ、REITの場合、インデックス投資をしなくても、自分で市場をコピーするように分散投資できるのではないか―と思われる方もおられるかもしれません。自分で分散投資できるように思えるのは、REIT銘柄は49銘柄*(2015年1月現在)しかないからです。では、49銘柄しかないREIT市場に投資する際にも、インデックス投資は有効なのでしょうか?
* 銘柄数は、東証の銘柄検索ページより取得

 REITに投資する場合にもインデックス投資は有効です。なぜなら、銘柄選びと、分散投資とに手間がかからなくなるからです。

  • REITのインデックス投資で、銘柄選びに手間がかからなくなる
  • REITのインデックス投資で、手軽に分散効果が得られる


銘柄選びに手間がかからない

 REITにインデックス投資することで、REITの銘柄をいちいち確認する必要がなくなります。REITの銘柄を確認する必要がないのは、インデックス投資が市場をコピーするだけだからです。市場のコピーは、以下のように、REITの全銘柄を時価総額の割合でファンドに組み込むことで行います。

  • A銘柄がREIT市場の時価総額の10%を占めていれば、A銘柄がファンドの10%を占めるようにファンドに組み込みます。
  • B銘柄がREIT市場の時価総額の8%を占めていれば、B銘柄がファンドの8%を占めるようにファンドに組み込みます。
  • C銘柄がREIT市場の時価総額の5%を占めていれば、C銘柄がファンドの5%を占めるようにファンドに組み込みます。

図:時価総額に応じて銘柄をファンドに組み込み、REIT市場をコピー
時価総額に応じて銘柄をファンドに組み込み、REIT市場をコピー

 もし、REITをインデックス投資でなく、どれかを選んで購入しようとした場合、REITの各銘柄の―"スポンサー企業"・"投資先物件"を確認しなければなりません。スポンサー企業とは、REITの資産運用会社の―"大株主になっている企業"のことです。スポンサー企業はREITの運用をバックアップするため、REITの信用力をはかる上でどんなスポンサー企業がついているかを確認することは重要です。投資先物件とは、文字通りREITの投資先のことです。REITは不動産に投資しますが、どんな種類の不動産に投資するかはREITごとに異なります。REITが投資する不動産には、"企業が使うオフィス"・"ショッピングモールなどの商業施設"・"マンションなどの賃貸物件"などがあります。また、上記を複数組み合わせて投資する銘柄もあります(オフィスと、ショッピングモールとに投資する―などのように)。


手軽に分散効果が得られる

 REITにインデックス投資をすることで、手軽に分散投資ができます。REITのインデックスファンドに投資すれば、時価総額を占める割合にしたがって、各銘柄へ自動で投資できるからです。

 なお、最初に"REITは49銘柄しかないので自分で分散投資できるかもしれない"と書きましたが、実際に自分で分散投資するのは非常に困難です。2015年1月現在、REIT全銘柄を1株ずつ買うだけでも1,700万円程度必要だからです。さらに、"市場をコピーするように分散投資"するには、時価総額を占める割合ごとに各銘柄をボリューム付け(A銘柄は10%・B銘柄は5%などのように)しなければならないので、もっと資金が必要になります。例えば、時価総額を占める割合が、A銘柄が10%・D銘柄が1%の場合、A銘柄にD銘柄の10倍投資しなくてはなりません。したがって、実際には、全て1株ずつ購入するだけのお金(=1,700万円)より、さらに多くのお金が必要になります。

図:REIT市場コピーのためのボリューム付け
REIT市場コピーのためのボリューム付け



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292