不動産投資信託(REIT)とは

投資信託ガイドTop > 投資信託の分類 > 不動産投資信託(REIT)とは

« バランス型ファンドとは | メイン | 分配型と再投資型 »

不動産投資信託(REIT)とは

不動産投資信託(REIT)とは、主に、J-REITに投資する投資信託のことを指します。

J-REITとは、投資家から広く集めたお金で不動産を購入し、その物件から得られる賃料や、売却益を 投資家に分配する会社のようなものです。(正しくは、投資法人)
J-REITは、証券取引所に上場され、その受益証券は自由に売買されています。
不動産投資信託(REIT)は、この"受益証券"に投資するわけです。

不動産投資信託の投資対象
不動産投資信託の投資対象
これから、不動産投資信託(REIT)の利点・欠点リターンとリスク、収益を得た場合の、所得区分について解説していきます。

不動産投資信託(REIT)の利点・欠点
利点
株式や債券とは異なる動きをするため、ポートフォリオに組み入れることで、資産価値の安定が図れます。
また、投資対象であるJ-REITは、税制で優遇されています。(法人税がかからない)

欠点
不動産投資信託は、歴史が浅いため、多くのファンドの運用期間が、5年を超えていません。
そのため、長期的(5年以上)に利益を上げていけるファンドかどうかを、現在見分けることが出来ないことが欠点と言えます。

不動産投資信託(REIT)のリターン・リスク
リターン
不動産投資信託は、始まってから日が浅いです。現在までのリターンはまずまずのようです。

参考データ(2017年6月現在) 5年リターン
ファンド名 リターン 購入手数料が、最も安い販売会社
SMT グローバルREITインデックス・オープン 15.0%(年率=1年あたり) SBI証券(購入手数料=0%)
ダイワ J-REITオープン 15.2%(年率) 新生銀行(1.05%)
※リターンは過去の実績であり、将来の収益を約束するものではありません。

リスク
リスクには、信用リスク、価格変動リスクの2種類があります。

信用リスクとは、投資先が倒産してしまうなどのリスクのことです。
投資先のJ-REITは、投資家から集めた資金で、不動産物件の貸し出しを行っている会社のようなものです。
ですので、事業がうまくいかなくなれば、倒産してしまうこともあります。

価格変動リスクとは、価格の変動により、資産価値が影響を受けることです。
J-REITは、証券取引所で取引されているので、需給関係で価格が変わります。

不動産投資信託(REIT)の所得区分

税金の所得区分
不動産投資信託(REIT)は、株式投資信託に分類されます。
よって、不動産投資信託で得た収益分配金は、配当所得です。
また、換金時に、
解約請求・買取請求のどちらを選んでも、譲渡所得 になります。

配当控除の対象?
注意点として、配当控除が利用できないことを覚えておきましょう。

不動産投資信託(REIT)とは、主に、J-REITに投資する投資信託のことを指します。





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール