外国債券ファンドは、ニッセイ外国債券インデックスファンドがおすすめ

投資信託ガイドTop > おすすめの投資信託 > 外国債券ファンドは、ニッセイ外国債券インデックスファンドがおすすめ

« 国内債券ファンドは、ニッセイ国内債券インデックスファンドがおすすめ | メイン | 外国債券ファンドは、グローバルソブリンオープンがおすすめ »

外国債券ファンドは、ニッセイ外国債券インデックスファンドがおすすめ

 外国債券投資信託に、ニッセイ外国債券インデックスファンドというファンドがあります。ニッセイ外国債券インデックスファンドは、インデックスファンドなので、信託報酬が安いです。ニッセイ外国債券インデックスファンドの投資対象は、先進国のソブリン債*です。先進国のソブリン債は、デフォルト**の可能性が非常に低いため、安定した利子収入が期待できます。

* ソブリン債とは、”国”や”国の機関”が発行する債券のこと。
** デフォルトとは、約束された通りに、利子や償還金の支払いが行われないこと。

 外国債券ファンドは、非常に多くの種類があります。インデックスファンドにしぼっても、まだ多くのファンドが候補に残ります。それらの中で、ニッセイ外国債券インデックスファンドが最もおすすめです。おすすめと言える理由は、以下です。

    ●繰上償還の危険性が少ないから
    ●信託報酬が最も安いから

繰上償還の危険性が少ない
 外国債券インデックスの中で、最もニッセイ外国債券インデックスファンドがおすすめであると解説しました。2つの理由を挙げましたが、まず”繰上償還の危険性が少ないからおすすめ”という理由から説明したいと思います。その理由は、総資産額が多いからです。

 主に、繰上償還***が起こるのは、総資産額が少なくなりすぎた場合です。繰上償還は、総資産額が少なくなりすぎると分散投資ができなくなるため、行われます。ニッセイ外国債券インデックスファンドは、総資産額****が非常に大きい(101億)です。そのため、少し解約が多くなったくらいでは、分散投資ができなくなることはありません。したがって、現在の総資産額が多いニッセイ外国債券インデックスファンドは、繰上償還の危険性が少ないと言えます。

*** 繰上償還とは、信託期間の途中で償還されてしまうことです。繰上償還を行う条件は、目論見書に記載されています。
**** ここでいう総資産額は、マザーファンドの総資産額です。

図:代表的な外国債券インデックスの総資産額一覧

ファンド名 マザーファンドの総資産額
ニッセイ外国債券インデックスファンド 101億
iFree 外国債券インデックス 1553億
たわらノーロード 先進国債券 2682億
三井住友・DC外国債券インデックスファンド 720億
※上記データは、2017年6月のものです。購入の際は、目論見書や運用報告書で確認してください。

信託報酬が安い
 ニッセイ外国債券インデックスファンドは、途中償還の危険性が低いため、おすすめであると解説しました。

 ただ、総資産額が多くても、信託報酬が高ければ意味がありません。ニッセイ外国債券インデックスファンドの信託報酬は安いでしょうか?

 ニッセイ外国債券インデックスファンドの信託報酬は、外国債券インデックスファンドの中で、最も安いです。信託報酬の安い―外国債券インデックスファンドの信託報酬は、以下です。(1)ニッセイ外国債券インデックスファンドの信託報酬は、0.17%(税抜)です。(2)iFree 外国債券インデックスの信託報酬は、0.18%(税抜)です。(3)たわらノーロード 先進国債券の信託報酬は、0.20%(税抜)です。(4)三井住友・DC外国債券インデックスファンドの信託報酬は、0.21%(税抜)です。したがって、ニッセイ外国債券インデックスファンドは、最も信託報酬が安いと言えます。

図:外国債券インデックスファンドの信託報酬一覧

ファンド名 信託報酬(税抜)
ニッセイ外国債券インデックスファンド 0.17%
iFree 外国債券インデックス 0.18%
たわらノーロード 先進国債券 0.20%
三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.21%
※上記データは、2017年6月のものです。購入の際は、目論見書や運用報告書で確認してください。

図:販売手数料が、最も安い販売会社一覧

ファンド名 販売手数料が、最も安い販売会社
ニッセイ外国債券インデックスファンド SBI証券(販売手数料=0%)
iFree 外国債券インデックス SBI証券(0%)
たわらノーロード 先進国債券 SBI証券(0%)
三井住友・DC外国債券インデックスファンド SBI証券(0%)
※上記データは、2017年6月のものです。購入の際は、販売会社のホームページで確認してください。

ニッセイ外国債券インデックスファンドを購入できる販売会社はこちら
>>SBI証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール