海外ETFとは

投資信託ガイドTop > 海外ETF > 海外ETFとは

« 手数料1%の違いは、大きい | メイン | エマージング(新興国)の株式インデックスファンドには、海外ETFがある »

海外ETFとは

 海外ETFとは、海外の市場に上場されているETFです。海外の市場とは、主に、米国市場を指しています。
 海外ETFには、国内ETFより豊富な種類があります。例えば、米国株式インデックス(=S&P)に連動する銘柄や、日本を除く先進国の株式インデックス(=MSCI KOKUSAI)に連動する銘柄などがあります。対して、国内ETFには、国内株式インデックスに連動するものしかありません。*

* 2017年6月現在、“国内株式以外“のインデックスに連動する銘柄も、全銘柄の約半分あります。

  しかし、海外ETFは、国内の証券会社を通して、買うことはできませんでした。そのため、多くの国内の投資家は、海外ETFを買うことはできなかったのです。
 それが、最近、買えるようになりました。国内の証券会社数社が、海外ETFの取り扱いを始めたからです。ここで、少し疑問があります。そもそも、なぜ、わざわざ海外のETFを買うでしょうか?

 先ほど書いたことと重複しますが、海外ETFには、国内ETFより豊富な種類があるからです。具体的な種類の差は、5倍以上です。

 米国の市場に上場されているETFは、500銘柄以上あります。一方、日本の市場に上場されているETFは、約100銘柄です。

図:海外ETFと国内ETFの銘柄数の差
海外ETFと国内ETFの銘柄数の差






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール