投資信託ガイドTop > 海外ETF > 海外ETFとは

« もし投資信託の手数料に1%の違いがあれば、結果への影響大 | メイン | エマージング(新興国)の株式インデックスファンドには、海外ETFがある »

海外ETFとは

 海外ETFとは、海外の市場に上場されているETFです。海外の市場とは、主に、米国市場を指しています。
 海外ETFには、国内ETFより豊富な種類があります。例えば、米国株式インデックス(=S&P)に連動する銘柄や、日本を除く先進国の株式インデックス(=MSCI KOKUSAI)に連動する銘柄などがあります。対して、国内ETFには、国内株式インデックスに連動するものしかありません。*

* 2017年6月現在、"国内株式以外"のインデックスに連動する銘柄も、全銘柄の約半分あります。

  しかし、海外ETFは、国内の証券会社を通して、買うことはできませんでした。そのため、多くの国内の投資家は、海外ETFを買うことはできなかったのです。
 それが、最近、買えるようになりました。国内の証券会社数社が、海外ETFの取り扱いを始めたからです。ここで、少し疑問があります。そもそも、なぜ、わざわざ海外のETFを買うでしょうか?

 先ほど書いたことと重複しますが、海外ETFには、国内ETFより豊富な種類があるからです。具体的な種類の差は、5倍以上です。

 米国の市場に上場されているETFは、500銘柄以上あります。一方、日本の市場に上場されているETFは、約100銘柄です。

図:海外ETFと国内ETFの銘柄数の差
海外ETFと国内ETFの銘柄数の差



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292