代表的なポートフォリオのリターン・リスク

投資信託ガイドTop > ポートフォリオ > 代表的なポートフォリオのリターン・リスク

« 銀行口座引き落としを使った―投資信託の積み立てには、SBI証券がおすすめ | メイン | SBI証券の個人型確定拠出年金の―取り扱い投資信託 »

代表的なポートフォリオのリターン・リスク

 「ポートフォリオを組むことで、相場の影響を軽減できる」で、ポートフォリオを組めば*、相場の影響を軽減できる(=リスクを軽減できる)と解説しました。記事で紹介した組み合わせの―相場軽減効果例は、以下です。まず、“国内へ投資するファンド”と、“外国へ投資するファンド”とを組み合わせると、為替変動の影響を軽減できます。また、“株式ファンド”と、“債券ファンド”とを組み合わせると、金利変動の影響を軽減できます。
* “ポートフォリオを組む“とは、複数の投資信託を―組み合わせて保有すること。

 ただ、実際にポートフォリオを組んで―相場の影響を軽減することを考えた場合、組み合わせたポートフォリオのリスクが、どの程度の数値になるのか知りたくなると思います。この“組み合わせたポートフォリオのリスクが、どの程度の数値になるのか?”は、過去のデータを使って計算することで、予測できます**。
** 長くなるので、計算方法は割愛。詳しく知りたい場合はこちら→資産を組み合わせた場合のリスク計算
では、代表的なポートフォリオのリスク数値は、どのくらいなのでしょうか?

 年金積立金管理運用独立行政法人(=年金の公的運用機関)の運用データを元に、代表的なポートフォリオのリスクを計算してみました。計算結果は、以下の表のとおりです。なお、一緒に、リターンも記載しました。

図:代表的なポートフォリオのリターン・リスク

ポートフォリオのタイプリターンリスク
安定運用***4.08%9.61%
積極運用****4.9%16.65%
保守的運用*****3.25%7%
*** ポートフォリオの内容:国内株式25%・国内債券25%・外国株式25%・外国債券25%
**** ポートフォリオの内容:国内株式50%・外国株式50%
***** ポートフォリオの内容:国内債券50%・外国債券50%






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール