投資信託ガイドTop > ポートフォリオ > 代表的なポートフォリオのリターン・リスク

« 銀行口座引き落としを使った―投資信託の積み立てには、SBI証券がおすすめ | メイン | 国内ETFの運用にかかるコストの確認方法 »

代表的なポートフォリオのリターン・リスク

 ポートフォリオを組めば*、相場の影響を軽減できます(=リスクを軽減できます)。相場軽減効果例は、以下です。まず、「国内へ投資するファンド」と、「外国へ投資するファンド」とを組み合わせると、為替変動の影響を軽減できます。また、「株式ファンド」と、「債券ファンド」とを組み合わせると、金利変動の影響を軽減できます。
* "ポートフォリオを組む"とは、複数の投資信託を―組み合わせて保有すること。

 ただ、実際にポートフォリオを組んで―相場の影響を軽減することを考えた場合、組み合わせたポートフォリオのリスクが、どの程度の数値になるのか知りたくなると思います。この"組み合わせたポートフォリオのリスクが、どの程度の数値になるのか?"は、過去のデータを使って計算することで、予測できます**。
** 長くなるので、計算方法は割愛。詳しく知りたい場合はこちら→資産を組み合わせた場合のリスク計算
では、代表的なポートフォリオのリスク数値は、どのくらいなのでしょうか?

 年金積立金管理運用独立行政法人(=年金の公的運用機関)の運用データを元に、代表的なポートフォリオのリスクを計算してみました。計算結果は、以下の表のとおりです。なお、一緒に、リターンも記載しました。

図:代表的なポートフォリオのリターン・リスク

ポートフォリオのタイプリターンリスク
安定運用***4.08%9.61%
積極運用****4.9%16.65%
保守的運用*****3.25%7%
*** ポートフォリオの内容:国内株式25%・国内債券25%・外国株式25%・外国債券25%
**** ポートフォリオの内容:国内株式50%・外国株式50%
***** ポートフォリオの内容:国内債券50%・外国債券50%



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292