これから投資信託を始める方に、口座の選び方のアドバイス

投資信託ガイドTop > 投資信託の販売会社の選び方 > これから投資信託を始める方に、口座の選び方のアドバイス

« 投資信託の商品の選び方。重要な2つの数字とは? | メイン | 老後資金の必要額を自分で計算する方法 »

これから投資信託を始める方に、口座の選び方のアドバイス

 投資信託をはじめるには、まず、口座を開く証券会社を選ばなければなりません。しかし、証券会社を選ぶためのポイントはたくさんあり、どれを基準に選べばいいか迷うことも多いです。

 ただ、積み立てに使う証券会社を選ぶには、投資信託の積立で重要な2つのポイントだけ押さえておけば十分です。この記事では、その2つのポイントで実際に証券会社を選んでみます。

  • 投資信託の積立に使う口座は、2つのポイントだけ押さえれば十分
    • 低コストのインデックスファンドを取り扱っていること
    • 給与が振り込まれる銀行口座から、投資信託の積立資金を引き落とせること
  • 2つのポイントだけを使った、投資信託の口座の具体的な選び方
    • 低コストのインデックスファンドを積極的に取り扱う、証券会社を3つピックアップする
    • ピックアップした証券会社が、「どの銀行からの口座引き落としに対応しているか」を調べる

投資信託の積立に使う口座は、2つのポイントだけ押さえれば十分

1.低コストのインデックスファンドを取り扱っていること

 投資信託を買う口座の選び方で重要なのは、まず、低コストのインデックスファンドを取り扱っていることです。投資信託は、口座を開いている証券会社が取り扱っていないと買えません。そのため、買いたいインデックスファンドを取り扱っている証券会社に、口座を開く必要があります。

 ただ、今は欲しい商品を取り扱っていても、これから発売される低コストのインデックスファンドを取り扱う保証はありません。そのため、低コストのインデックスファンドを「積極的に取り扱う」証券会社に口座を開くことが大切です。

2.給与が振り込まれる銀行口座から、投資信託の積立資金を引き落とせること

 次に重要なのは、あなたの給与が振り込まれる銀行口座から、投資信託の積立資金を引き落とせることです。給与が振り込まれる口座からの引き落としができないと、定期的に証券口座にお金を入れなくてはなりません。これはとても面倒で、積み立てを途中でやめてしまう原因になります。積み立てを途中でやめてしまえば、「積み立てで老後資金をつくる」という目標が達成できなくなってしまいます。

 上記の2つのポイントだけを使って、具体的に証券会社を選んでみましょう。


2つのポイントだけを使った、証券会社の具体的な選び方

1.

低コストのインデックスファンドを積極的に取り扱う、証券会社を3つピックアップする

ア. 信託報酬が安いインデックスファンドをピックアップします。
まず、モーニングスター(投資信託の情報サイト)にアクセスして、「詳細条件でファンドを検索」をクリックします。
詳細条件でファンドを検索をクリック
次に、「カテゴリー」から、探したい投資対象をクリックします。
ここでは、例として、外国株式を選びます。一番上の項目の「国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジ無)」を選択します*1
*1 国内株式を探す場合は、「国内株式型」を選択、国内債券を探す場合は、「国内債券型」を選択してください。
国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジ無)を選ぶ
そして、ファンドの種類で、「ETF・DC専用・SMA専用を除く全ファンド」のチェックボタンをクリック、インデックファンド区分で、「インデックスのみ」を選択します。
各条件を追加
下にスクロールして、「検索」をクリックします。
検索をクリック
検索結果が表示されたら、「信託報酬等(税込)」をクリックして、信託報酬が安い順に並べ替えます。
信託報酬等(税込)をクリック
イ. 望ましくないものを除外して、上位5ファンドまでしぼり込みます。
上から順番に「ファンド名」をクリックして、ファンドの詳細ページに移動します。
ファンド名をクリックして詳細ページに移動
ファンドの詳細ページの、「ファンドの特色」欄に、「MSCIコクサイに連動します。」と書かれているもの以外を除外します。 この作業は、モーニングスターの外国株式のファンド分類に、先進国の株式に広く分散投資するもの以外の商品も混ざっているため必要になります。
MSCIコクサイ連動のものを選択
これを、MSCIコクサイ連動のインデックスファンドが5つピックアップできるまで順番に続けます。下の図は、次の「iFree外国株式インデックス(H無)」をクリックしている図です。
次のファンド名をクリックして詳細ページに移動
例では、以下の5ファンドがピックアップできました。
  • iFree外国株式インデックス(H無)
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • つみたて先進国株式
  • Smart-i 先進国株式インデックス
  • ニッセイ 外国株式インデックスファンド
ウ. 残った上位5ファンドの「販売会社」を調べます。
上から順番に「ファンド名」をクリックして、ファンドの詳細ページに移動します。
ファンド名をクリックして詳細ページに移動
ファンドの詳細ページで、「販売会社」というタブをクリックします。
販売会社タブをクリックして販売会社を確認
これを5ファンドすべてでおこない、上位5ファンドを多く取り扱っている金融機関を確認します。
もっとも信託報酬が安いインデックスファンドを多く取り扱っている、ということは、低コストのインデックスファンドを積極的に取り扱う会社だといえます。
低コストインデックスファンドの販売会社一覧
例では、楽天証券・SBI証券・マネックス証券あたりがよさそうです。
2.

ピックアップした証券会社が、「どの銀行からの口座引き落としに対応しているか」を調べる

ア. 対応している引き落とし銀行を調べるには、google検索を使います。
調べる際のキーワードは、「(証券会社名) 投資信託 引き落とし銀行」です。SBI証券であれば、「SBI証券 投資信託 引き落とし銀行」で検索します。
すると、5分もあれば以下のように調べることができます。
イ. 上記の中から、あなたの給与が振り込まれる銀行に対応した、証券会社を選びます。

投資信託の販売会社を選ぶなら、サービスが充実したSBI証券がおすすめです。
>>SBI証券


記事がお役に立ったら、資産運用を考えるお友達にこの記事をSNSなどで紹介してください。あなたの大切な方にも役に立つと思います。
↓  ↓  ↓




「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292