投資信託ガイドTop > インデックスファンド比較 > 全世界株式インデックスファンドを徹底比較

« 2022年8月の投資信託0.3%取り崩し。今月は3,652円取り崩せました。 | メイン

全世界株式インデックスファンドを徹底比較

 「投資信託は、インデックスファンドを選ぶ」で、投資信託は、インデックスファンドを選ぶと良いと解説しました。インデックスファンドを選ぶと良い理由は、コストが安いからでした。

 ただ、投資信託は、各販売会社で取り扱い銘柄が違うため、最もコストが安いインデックスファンドがどれなのか分かりにくいです。また、隠れたコスト(信託手数料以外の運用報告書にしか記載されないコスト)があることも、コストを把握しにくい原因になっています。では、どうやって、最もコストが安いインデックスファンドを見つければ良いのでしょうか?

 その問いに答えるために、運用にかかるコスト(=隠れたコストも考慮したデータ)が安い順に、全インデックスファンドを一覧表にしてみました。*一覧表の項目は、(1)運用にかかるコスト(2)信託報酬(税抜)(3)マザーファンドの総資産額です。

* インデックスファンドの数が多いカテゴリーは、運用にかかるコストが安い順に、上位の10ファンドのみ掲載しています。

全世界株式インデックスファンド一覧(年間コストが安い順)

ファンド名 運用にかかるコスト** 信託報酬(税抜) 総資産額*** 販売会社一覧へ
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 0.110% 0.104% 421億 一覧へ
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 0.170% 0.104% 1兆2263億 一覧へ
Smart-i Select 全世界株式インデックス 不明 0.104% 不明 一覧へ
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.228% 0.19% 1080億 一覧へ
たわらノーロード 全世界株式 0.289% 0.120% 5364億 一覧へ

** 信託手数料以外のコスト(委託手数料・有価証券取引税・保管管理等)も含めたデータです。信託手数料と比較して、この数値がかなり高いものは、隠れた高コスト銘柄なので注意してください。
*** マザーファンドの総資産額です。
※上記のデータは、2022年9月現在のものです。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド の主要な販売会社
(販売会社のホームページへ)
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
岡三証券
GMOクリック証券


eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の主要な販売会社
(販売会社のホームページへ)
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
岡三証券
GMOクリック証券
フィデリティ証券
LINE証券


Smart-i Select 全世界株式インデックスの主要な販売会社
(販売会社のホームページへ)
SBI証券
auカブコム証券


楽天・全世界株式インデックス・ファンドの主要な販売会社
(販売会社のホームページへ)
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
岡三証券
GMOクリック証券
フィデリティ証券


たわらノーロード 全世界株式の主要な販売会社
(販売会社のホームページへ)
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
岡三証券









カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292