アクティブファンドとは?

投資信託ガイドTop > 投資信託の分類 > アクティブファンドとは?

« インデックスファンドとは? | メイン | 信託財産留保額とは? »

アクティブファンドとは?

アクティブファンドとは、積極的な運用で、ベンチマークをこえる収益を
目指すファンドのことです。

ベンチマークをこえる収益をあげる方法
どうやってベンチマークをこえる収益を上げるのでしょうか?
ベンチマークのポートフォリオの中で、有望なものの比率を上げたり、
あまりよくない銘柄を買わない、もしくは、比率を下げるのが1つの方法です。

ベンチマークをこえるための、アクティブファンドの銘柄構成変更
ベンチマークをこえるための、アクティブファンドの銘柄構成変更

また、ベンチマーク自体を指定せず、ファンドが考える有望な銘柄にのみ
投資するファンド等もあります。
そのため、目論見書(投資信託会社が発行する、運用方法などを記載した資料)を読んで、
確認しておきましょう。

アクティブファンドの長所、短所
アクティブファンドの長所は、運用手腕の優れたファンドに投資すれば、
インデックスファンドより多くのリターンが期待できることです。
また、短所としては、コストがかかることが挙げられます。
コストには、有望企業を探すための"調査費"、積極的に運用を行うためにどうしてもかさむ
"売買手数料"があります。(売買手数料を抑えた運用を行うファンドもあります)。
信託報酬もインデックスファンドより高いです。

アクティブファンドを選ぶ際の注意点
アクティブファンドを選ぶ際の注意点として、投資している銘柄数を確認しておきましょう。
収益追求のあまり、極端に少ない銘柄に集中して投資していないかをチェックします。
銘柄数が少ないと、投資信託の最大の利点、分散投資の効果がなくなってしまい、
値動きが激しくなるためです。

アクティブファンドとは、積極的な運用で、ベンチマークをこえる収益を
目指すファンドのことです。





カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292