分配型と再投資型

投資信託ガイドTop > 投資信託の分類 > 分配型と再投資型

« 不動産投資信託(REIT)とは | メイン | 格付け機関とは »

分配型と再投資型

分配型と再投資型とは、決算時に受け取る、分配金の支払い方法を表したものです。

多くの投資信託では、購入する際、分配金の支払い方法について分配型と再投資型の、どちらにするか選べます。

分配型では、分配金は、投資家の口座に振り込まれます。
再投資型では、分配金は、自動的にファンドに再投資されます。

分配型と再投資型の、分配金支払い方法
分配型と再投資型の、分配金支払い方法

”多くの投資信託では、分配金の支払い方法を選べます”と書きましたが、再投資型しかない。等の、ファンドもあります。

また、分配型と再投資型は、このまま表示されるのではなく、
分配型   → 一般コース
再投資型 → 自動けいぞく投資コース
のように表示されます。

次に、それぞれの利点を、述べていきたいと思います。

分配型は、分配金が、自動的に口座に振り込まれます。
そのため、分配金の受け取りに、売却の手続きが不要になります。(=信託財産留保額がいらない)
よって、分配金を再投資するつもりがないなら、こちらの方が良いです。

再投資型は、分配金は、自動的に再投資されます。
この再投資分については、ほとんどの場合、購入手数料が無料です。
そのため、分配金を初めから再投資するつもりなら、こちらの方が良いです。

つまり、分配金を再投資するつもりが
ある場合は、再投資型。
ない場合は、分配型。
という選択が良いことになります。

分配型と再投資型とは、決算時に受け取る、分配金の支払い方法を表したものです。
多くの投資信託では、購入する際、分配金の支払い方法を選べます。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール