なぜノーロードファンドの販売が可能か?

投資信託ガイドTop > 投資信託の知識 > なぜノーロードファンドの販売が可能か?

« ピクテとは | メイン | 毎月決算型と一年決算型の運用益の差 »

なぜノーロードファンドの販売が可能か?

 「ノーロードファンドとは」で、ノーロードファンドとは、購入手数料が無料のファンドだと解説しました。ノーロードファンドは、購入時に余分な手数料がかからないため、投資家にとって魅力的な投資対象です。

 ただ、いくら投資家にとって魅力的な投資対象であったとしても、販売会社がいくら売っても儲からない商品だと、売りに出されないはずです。販売会社は、ノーロードファンドをいくら売っても、販売時に手数料を受け取ることはできません。これでは、販売会社は、ノーロードファンドを扱ってもまったく儲からないような気がします。それなのに、なぜノーロードファンドの販売が可能なのでしょうか?

 それは、販売会社は、ノーロードファンドから信託報酬を受け取ることができるからです。

販売会社は、ノーロードファンドから、信託報酬を受け取れる
 販売会社は、ノーロードファンドをいくら売っても、販売手数料を受け取ることができないことを解説しました。では、なぜ販売会社は、販売手数料を取れない商品の販売が可能なのか?を解説しましょう。それは、販売会社は、ノーロードファンドから、信託報酬を受け取れるからです。

 ファンドは、信託報酬を支払います。信託報酬は、投資信託会社、受託銀行、販売会社が受け取れます。したがって、販売会社は、ファンドから信託報酬が受け取れます。このことから、販売会社は、信託報酬を受け取れるため、販売時に手数料を受け取れないノーロードファンドを販売することが可能となります。

図:販売会社は、ファンドから信託報酬を受け取ることができる
販売会社は、ファンドから信託報酬を受け取ることができる






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール