国内債券ファンドは、ニッセイ国内債券インデックスファンドがおすすめ

投資信託ガイドTop > おすすめの投資信託 > 国内債券ファンドは、ニッセイ国内債券インデックスファンドがおすすめ

« 投資信託のおすすめ販売会社一覧 | メイン | 外国債券ファンドは、ニッセイ外国債券インデックスファンドがおすすめ »

国内債券ファンドは、ニッセイ国内債券インデックスファンドがおすすめ

 国内債券投資信託に、ニッセイ国内債券インデックスファンドというファンドがあります。ニッセイ国内債券インデックスファンドは、インデックスファンドですので、信託手数料が安くすみます。
 現在、国内債券ファンドは、数が少ない状態です。おそらく、国内債券の低金利状態が続いているため、大きなリターンが上げられないためだと考えられます。ニッセイ国内債券インデックスファンドは、その数少ない国内債券ファンドの中の、インデックスファンドです。

 先ほど解説したように、国内債券ファンドは数が少ない状態です。インデックスファンドのみにしぼると、さらに少なくなってしまいます。その状況の中で、インデックスファンドにこだわる必要があるのでしょうか? あると言えます。なぜなら、金利の少ない国内債券に投資するファンドでの、余計なコストは命取りだからです。その数少ない国内債券インデックスファンドの中で、ニッセイ国内債券インデックスファンドが、もっともおすすめできます。どうして、ニッセイ国内債券インデックスファンドが、おすすめだと言えるのでしょうか?

 それは、インデックスファンドの中で、最もコスト面で優れているからです。具体的には、以下です。

    ●販売手数料が無料
    ●信託手数料が最も安い

販売手数料が無料
 ニッセイ国内債券インデックスファンドは、インデックスファンドの中でも、コスト面で最も優れているからおすすめであると解説しました。

 2つの理由を挙げましたが、まず”販売手数料が無料だから”という理由から説明したいと思います。

 販売会社をきちんと選べば、ニッセイ国内債券インデックスファンドの販売手数料は、無料にすることができます。販売手数料を無料にできると、最初に余分な手数料がいらず、その分多くの額を運用できます。

 販売手数料は、購入する際に支払います。ニッセイ国内債券インデックスファンドは、販売手数料を無料にすることができます。したがって、ニッセイ国内債券インデックスファンドは、購入する際に余分な手数料がいらないため、その分多くのお金を運用することができます。

図:販売手数料が、無料の販売会社

ファンド名販売手数料が、無料の販売会社
ニッセイ国内債券インデックスファンドSBI証券

信託手数料が最も安い
 ニッセイ国内債券インデックスファンドは、販売手数料を無料にできることを解説してきました。

 また、ニッセイ国内債券インデックスファンドは、信託手数料の面でも優れています。ニッセイ国内債券インデックスファンドは、国内債券インデックスファンドの中で、最も信託手数料が安いファンドです。

 国内債券インデックスファンドの代表的なものには、(1)ニッセイ国内債券インデックスファンド(2)たわらノーロード 国内債券(3)三井住友・日本債券インデックス・ファンド(4)iFree 日本債券インデックスの4つがあります。(1)ニッセイ国内債券インデックスファンドの信託手数料は、0.145%(税抜)です。(2)たわらノーロード 国内債券の信託手数料は、0.15%(税抜)です。(3)三井住友・日本債券インデックス・ファンドの信託手数料は、0.16%(税抜)です。(4)iFree 日本債券インデックスの信託手数料は、0.22%(税抜)です。したがって、たわらノーロード 国内債券は、これら4ファンドの中で、信託手数料が最も安いことが分かります。

図:国内債券インデックスファンドの信託手数料一覧

ファンド名 信託報酬(税抜)
ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.145%
たわらノーロード 国内債券 0.15%
三井住友・日本債券インデックス・ファンド 0.16%
iFree 日本債券インデックス 0.22%
※上記データは、2017年6月のものです。購入の際は、目論見書で確認してください。

ニッセイ国内債券インデックスファンドを購入できる販売会社はこちら
>>SBI証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール