運用にかかるコストは、DFC FUNDGUIDE で確認できる

投資信託ガイドTop > 投資信託の情報取得方法 > 運用にかかるコストは、DFC FUNDGUIDE で確認できる

« 投資信託の最大損失額は、リスクの2倍で計算できる | メイン | ETFが上場廃止になったら、問題なく現金化できる? »

運用にかかるコストは、DFC FUNDGUIDE で確認できる

 運用にかかるコストには、信託手数料にくわえ、委託手数料・有価証券取引税・保管管理等 の3つがあります。投資信託の中には、信託手数料は安いが、その他の3つのコストが高いファンドもあります。そういった投資信託を避けるため、”運用にかかるコスト”をしっかり確認しておく必要があります。

 しかし、“運用にかかるコスト”は、運用報告書にしかかかれていません。(目論見書には “運用にかかるコスト”の一部である、信託手数料しか書かれていません。)
 ただ、以前、「運用会社HPで非公開の運用報告書は、販売会社HPで入手」で、運用会社と販売会社の両方のHPで運用報告書が見つからなかった場合、購入前に運用報告書を入手することはできないと解説しました。では、運用報告書が入手できない場合、運用コストの確認はどうすればいいのでしょうか?

 それは、投信情報サイト:DFC FUNDGUIDE で確認するといいです。具体的な運用にかかるコストの情報取得ステップは、以下です。

    ※追記(2010/12/14)
    現在、DFC FUNDGUIDEでは、運用にかかるコストを調べられなくなっています。したがって、下記の手順は、実行できません。
1.まず、DFC FUNDGUIDEを表示します。
2.次に、ファンド検索をします。
2-1.上のキーワード入力欄に、希望のファンド名を入力します。
2-2.検索結果から、希望ファンドを選びます。
3.希望ファンド情報が表示されたら、3つの項目の一番右:“運用状況”を選びます。
4.そして、下にスクロールした先の右にある“費用の内訳”が、運用にかかるコストです。





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール