投資資金を、生活資金として無料で移動

投資信託ガイドTop > 投資信託のコスト削減 > 投資資金を、生活資金として無料で移動

« 即時入金と指定振込口座で、投資資金を無料で移動 | メイン | 貸株サービスは、保証の手厚い松井証券がおすすめ »

投資資金を、生活資金として無料で移動

 「即時入金と指定振込口座で、投資資金を無料で移動」で、投資資金を無料で移動させる方法を解説しました。同記事は、証券会社に預けている投資資金を、別の証券口座に移動することを前提とした記事です。つまり、"投資資金"を移動させる際に便利な方法です。
 しかし、お金は、"投資資金"として使うこともあれば、"生活資金"として使う場合もあります。したがって、投資資金を、生活資金として使用しなければならなくなることもあるでしょう。

 ただ、「即時入金と指定振込口座で、投資資金を無料で移動」で、振込指定口座に指定した楽天銀行ですが、"生活資金"の振込先としては問題があります。なぜなら、楽天銀行には、ATM利用料が270円かかるという、弱点があるからです。この弱点のため、ATMで現金をおろす可能性のある生活資金の扱いには、向きません。
 したがって、投資資金を生活資金として使う場合は、他の条件の良い銀行に振り込みたいところです。しかし、このときに、手数料がかかってしまっては意味がありません。では、投資資金から生活資金への移動を、無料で行うにはどうすればいいのでしょうか?

 メイン証券会社から、楽天銀行、メイン以外の証券会社を経由して、住信SBIネット銀行に振り込んでもらうと良いです。具体的な資金の振込み手順は、以下です。

1.メイン証券会社から、振込指定口座への振込みで、楽天銀行に振り込んでもらう
2. 楽天銀行から、即時入金を使って、"メイン以外"の証券会社に振り込む
3."メイン以外"の証券会社から、振込指定口座への振込みで、住信SBIネット銀行に振り込んでもらう

1.メイン証券会社から、振込指定口座への振込みで、楽天銀行に振り込んでもらう

 投資資金から生活資金への移動を、無料で行うための振込み手順を解説しました。ここでは、まず、"メイン証券会社から、振込指定口座への振込みで、楽天銀行に振り込んでもらう"から解説していきます。

 投資資金を生活資金として使う場合、まず、メイン証券会社の口座の投資資金を、移動させなければなりません。投資資金を扱うメイン証券会社の振込指定口座は、楽天銀行に指定しているという前提でした。振込指定口座は、このままで良いのでしょうか?

 かまいません。投資資金は、まず、楽天銀行に振り込んでもらいましょう。振込指定口座を変更しない理由は、振込指定口座の変更には、手間がかかるからです。具体的には、以下です。

 振込指定口座の変更手続きには、時間(1~2日程度)がかかります。また、振込後には、振込指定口座を、楽天銀行に戻さなくてはなりません。

2.楽天銀行から、即時入金を使って、"メイン以外"の証券会社に振り込む

 投資資金を生活資金として使う場合、まず、メイン証券会社から、振込指定口座への振込みで、楽天銀行に振り込んでもらうことを解説してきました。

 ただ、この状態では、先ほど解説したように、月2回目からATM利用が210円かかってしまいます。この状態が、望ましくないというのが前提ですから、ここで一工夫する必要があります。では、どう工夫すればいいのでしょうか?

 "メイン以外"の証券会社*に、即時入金を使って、振り込みましょう。"メイン以外"の証券会社に振り込む理由は、振込指定口座を変更する手間が、かからないからです。

 先ほど解説したように、振込指定口座の変更には、手間がかかります。楽天銀行以外を振込指定口座にした―"メイン以外"の証券会社に入金すれば、振込指定口座を変更する必要がありません。したがって、"メイン以外"の証券会社に入金すれば、振込指定口座を変更する手間がかかりません。

* この証券会社は、楽天銀行の即時入金に対応した証券会社でなければなりません。

図:楽天銀行から、即時入金できる証券会社

証券会社名(会社のHPへ)取り扱いインデックスファンド一覧へ
SBI証券SBI証券の取り扱いインデックスファンド
楽天証券楽天証券の取り扱いインデックスファンド
マネックス証券マネックス証券の取り扱いインデックスファンド
GMOクリック証券
松井証券
他7社

3.メイン以外の証券会社から、振込指定口座への振込みで、住信SBIネット銀行に振り込んでもらう

 投資資金を生活資金として使う場合、メイン証券会社から、楽天銀行に振り込んでもらい、"メイン以外"の証券会社に振り込むことを解説しました。

 さて、ここで再確認しますが、最終目的は、生活資金を楽天銀行より利用条件の良い銀行へ、移動させることです。ですから、"メイン以外"の証券会社の振込指定口座に、楽天銀行より利用条件が悪い銀行を指定してしまっては、意味がありません。では、どの銀行を指定すると良いのでしょうか?

 住信SBIネット銀行が良いです。住信SBIネット銀行が良いと言える理由は、生活資金の利用条件が、楽天銀行より優れているからです。具体的には、以下です。

 住信SBIネット銀行は、ATM利用が、月5回まで無料です。また、使用できるATMは、郵便局と、セブン銀行、ほとんどのコンビニ(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクスなど)のATMです。そして、振込手数料が月3回まで無料(4回目以降は、154円)です。**

** 楽天銀行への振込のみ、振込手数料無料の対象外なので、注意してください。

図:投資資金を生活資金へ、手数料無料で移動する方法の全体図
投資資金を生活資金へ、手数料無料で移動する方法の全体図

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら
>>住信SBIネット銀行



記事がお役に立ったら、資産運用を考えるお友達にこの記事をSNSなどで紹介してください。あなたの大切な方にも役に立つと思います。
↓  ↓  ↓





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧


有料記事

Powered by
Movable Type 4.292