投資信託ガイドTop > NISAとiDeCo > 確定拠出年金(401k)の受け取り開始年齢

« 特別法人税が凍結解除された場合の、確定拠出年金と通常の運用との運用益比較 | メイン | 国内TOPIX ETF:1306の配当利回り »

確定拠出年金(401k)の受け取り開始年齢

 「確定拠出年金(401k)の欠点(デメリット)」で、確定拠出年金(401k)の受け取り開始年齢は、原則60歳だと述べました。記事の内容は、"確定拠出年金(401k)は、受け取りに難がある。なぜなら、原則60歳まで引き出せず、積立額を担保にしての借り入れもできないからだ"―というものでした。

 ただ、"原則60歳"とあるように、全員が60歳からもらえるわけではありません。*受け取り開始年齢は、通算期間の長さによって変動します。なお、通算期間とは、"拠出した期間"・"拠出はせず、運用のみをおこなった期間"の両方をあわせた期間のことです。では、通算期間の長さによって、受け取り年齢がどう変動するのでしょうか?

* 脱退一時金で受け取る場合は、60歳未満で受け取れますが、ここではそれは除きます。詳しくはこちら→確定拠出年金(401k)は"原則60歳まで受け取れない"の例外

 通算期間の長さによる―受け取り開始年齢の変動は、以下です。

  • 通算期間:10年以上の場合、60歳
  • 通算期間:10年未満の場合、通算期間の長さによって、61~65歳


通算期間:10年以上の場合、60歳

 確定拠出年金(401k)の受け取り開始年齢は、通算期間の長さによって変動することを解説しました。

 まず、通算期間:10年以上の場合から解説しましょう。通算期間:10年以上の場合、何歳からもらえるのでしょうか?

 通算期間:10年以上の場合、原則どおり、60歳から受け取ることが可能です。


通算期間:10年未満の場合、通算期間の長さによって、61~65歳

 通算期間:10年以上の場合、原則どおり、60歳から受け取ることが可能だと解説してきました。

 ただ、通算期間:10年未満の場合、原則どおりに60歳から受け取ることはできません。では、通算期間:10年未満の場合、何歳からもらえるのでしょうか?

 通算期間の長さによって、受け取り開始年齢が61~65歳に変動します。具体的には、以下です。通算期間が、8年~10年未満の場合、61歳です。通算期間が、6年~8年未満の場合、62歳です。通算期間が、4年~6年未満の場合、63歳です。通算期間が、2年~4年未満の場合、64歳です。通算期間が、1ヶ月~2年未満の場合、65歳です。

図:通算期間別―受け取り開始年齢一覧

通算期間受け取り開始年齢
8年~10年未満61歳
6年~8年未満62歳
4年~6年未満63歳
2年~4年未満64歳
1ヶ月~2年未満65歳

    わき道にそれますが、受け取り開始年齢は、最大で70歳まで、繰り下げることができます。



Twitterフォロワー募集中!