国内ETFの乖離率を確認する方法

投資信託ガイドTop > 国内ETF > 国内ETFの乖離率を確認する方法

« ほふり(=証券保管振替機構)とは | メイン | リバランスの許容幅 »

国内ETFの乖離率を確認する方法

 株式(ETF含む)の出来高(=一日の取引成立株数)が低い場合、実勢価格とかけ離れた価格しかつかないことがあります。なぜなら、(1)取引が活発に行われていないと、実勢価格とかけ離れた価格しかつかない可能性がありますが、(2)出来高(=一日の取引成立株数)が低いことは、取引が活発に行われていないことを意味するからです。
(補足説明)
実勢価格と比べ、実際の価格がかけ離れることを"価格が乖離(かいり)する"といいます。

 ただ、多くの場合、出来高の低い銘柄が、どの程度の"実勢価格との乖離"をおこしているのかわかりません。出来高の低い銘柄の乖離率がわからない理由は、多くの個人投資家が確認する―株価情報ページ(yahooファイナンスなど)で、"実勢価格との乖離率"が表示されていないからです。では、"実勢価格との乖離率"を、確認するにはどうすればいいのでしょうか?

 モーニングスター ETFで確認できます。乖離率は、リンク先のページの下の方で確認できます。なお、リンク先のページで確認できる銘柄は、国内ETFのみです。


ETFを買うなら、この証券会社がおすすめです。
>>SBI証券

<証券会社おすすめランキング>

 SBI証券

 楽天証券

 松井証券




カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292