投資信託ガイドTop > 貸株サービス > 貸株料の計算方法

« 国内ETFの乖離率を確認する方法 | メイン | 投資信託の移管手続き »

貸株料の計算方法

 「貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう」で、貸株サービスを使うと、貸株料が受け取れると解説しました。記事では、"貸株サービスは、(1)投資家が貸し出した株を、証券会社が運用して、(2)その利益の一部を投資家に還元するサービスだ"―と解説しました。

 ただ、"どの程度の貸株料が期待できるのか、あらかじめ計算したい"という人もいるかもしれません。貸株料をあらかじめ計算したい理由として考えられるのは、(1)貸株開始時の手間(貸株の申し込み手続き・株式の移管手続きなど)に見合う収益が期待できるか知りたい(2)複数の貸株サービスを比較したい―といったところでしょうか。では、期待できる貸株料は、どうやって計算したらいいのでしょうか?

 貸株サービスを取り扱う各証券会社の―貸株料の計算方法は、以下です。「SBI証券」・「楽天証券」・「マネックス証券」・「auカブコム証券」・「松井証券」の貸株料の計算は、貸株の時価評価額*に、1日あたりの貸株料率(計算式:貸株料率*÷365)をかけて計算します。
* 貸株料率(2022年9月現在):SBI証券 0.2%・楽天証券 0.2%・マネックス証券 0.1%・auカブコム証券 0.02%・松井証券 不明(これらの貸株料率は、TOPIX-ETF(証券コード:1306)を貸株した場合のもの)

※追記(2022/09/07)
2018/10/20に、松井証券の預株が終了し、他社と同様の「貸株サービス」に変わりました。

図:貸株サービスを取り扱う各証券会社の―貸株料の計算方法

証券会社名(会社のHPへ) 1日あたりの貸株料計算 備考
SBI証券 貸株の時価評価額×貸株料率÷365 ※1
楽天証券
マネックス証券
auカブコム証券
松井証券
※1 貸株料は、毎日加算される(ただし、自動で株主優待をもらえるように設定している場合、その間は、貸株がおこなわれないため、貸株料は加算されない)。

記事に出てきた証券会社の口座開設はこちら
>>SBI証券
>>楽天証券
>>マネックス証券
>>松井証券










カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292