投資信託ガイドTop > 貸株サービス > 株主優待自動取得サービスで確保できる株主権利

« 投資信託の取り崩し時のリバランス | メイン | エクセルを使って、取り崩す投信銘柄を確認 »

株主優待自動取得サービスで確保できる株主権利

 「貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう」で、貸株サービスを利用すれば、貸株料が受け取れると解説しました。記事では、「貸株サービスとは、投資家が貸し出した株を、証券会社が運用して、その利益の一部を投資家に還元するサービスのことだ」―と解説しました。

 ただ、貸株中は、貸株した株式の―株主権利(株主優待など)を受け取れません。貸株中の株式から、株主権利を受け取れない理由は、(1)株式を保有していれば、株主権利を受け取れますが、(2)貸株した場合、株式を証券会社に貸しているため、株式を保有していない状態だからです。
 株主優待に代表される―株主権利が受け取れないとすれば、貸株サービスを利用するメリットはありません。
 この状況を改善するため、貸株サービスを実行する証券会社には、株主優待自動取得サービスが用意されています。株主優待自動取得サービスとは、株主優待の権利確定日にあわせて、貸株を自動で解除してくれる(=株式を保有している状態になる)サービスです。では、株主優待自動取得サービスを利用すると、どの株主権利が受け取れるのでしょうか?

 株主優待が受け取れます。株主優待以外の株主権利は、"株主優待の権利確定日と、各株主権利の権利確定日とが同じ日"である場合のみ、受け取れます。上記の条件の場合、(1)配当金は、配当金として受け取れます(権利確定日が異なる場合は、配当金相当額になります*)。(2)議決権が、取得できます(権利確定日が異なる場合は、受け取れません)。
* 詳しくは、こちら→貸株時の配当

図:株主優待自動取得サービスで受け取れる株主権利
株主優待自動取得サービスで受け取れる株主権利

    わき道にそれますが、株主優待の自動取得には、例外があります。株主優待自動取得の例外は、以下です。(1)株主優待自動取得サービスを利用しても、株主優待が得られない状況もあります。例えば、権利確定日の情報源(=東洋経済新報社)が権利確定日を更新した後に、株式を発行している会社が権利確定日を変更した場合などです。(2)また、一定期間保有しなければ受け取れない―株主権利は、取得できません。―上記の状態で株主権利を受け取りたい場合は、状況にあわせて自分で貸株を解除する必要があります。


投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292