投資信託ガイドTop > 貸株サービス > 貸株時の配当金

« 投資信託の定額での取り崩し | メイン | 積み立て資金の枯渇の回避 »

貸株時の配当金

 「貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう」で、貸株サービスを利用すれば、貸株料が受け取れると解説しました。記事では、「貸株サービスとは、投資家が貸し出した株を、証券会社が運用して、その利益の一部を投資家に還元するサービスのことだ」―と解説しました。
 そのため、貸株を実行すれば、株式に投資した際に受け取れる利益が、配当金の他にもう一つ増えることになります。

 ただ、貸株を実行した場合、貸株した株式から得られる配当金が、配当相当額というものに変わってしまいます*。配当が、配当相当額に変わる理由は、(1)株式を保有していれば、配当金を受け取れますが、(2)株式を貸株した場合、株式を保有していないため、配当金を受け取れません。(3)その代わりに、貸株サービスを実行している証券会社から"配当相当額"が支払われる―からです。
 この"配当相当額"と、"配当金"とでは、税金の扱いが異なることに注意が必要です。
* 松井証券の貸株は、貸株サービスの形態が異なるため、配当金の受け取りに変化はありません(配当金相当額にならない)。
では、配当相当額の税金の分類は、どうなっているのでしょうか?

 配当相当額は、雑所得になります。なお、配当金は、配当所得です。
 ちなみに、株主優待自動取得サービスを利用すれば、配当金相当額ではなく、配当金として受け取れる場合もあります**。
** 配当金の権利確定日と、株主優待の権利確定日とが同じ場合など。

    わき道にそれますが、配当金相当額は雑所得であるため、配当控除が使えません。

図:配当金・配当相当額の税金の分類
配当金・配当相当額の税金の分類



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292