リバランス額計算ツール(売買用)のマニュアル

投資信託ガイドTop > リバランス > リバランス額計算ツール(売買用)のマニュアル

« 積み立て・取り崩しのリバランス額計算を簡単におこなう方法 | メイン | 売買のリバランス額計算を簡単におこなう方法 »

リバランス額計算ツール(売買用)のマニュアル

リバランス額計算ツール(売買用)は、売買でリバランスする際の計算を、自動でおこなえるwebプログラムです。

このページは、リバランス額計算ツール(売買用)のマニュアルページです。

1.資産内容、目標比率を入力する
2.必要であれば、複合欄に入力する
3.許容幅を入力する
4.必要であれば、”入力内容を保存する”をチェックする
5.”計算する”ボタンを押す
6.計算結果を確認する


1.資産内容、目標比率を入力する
資産内容、目標比率を入力する

(資産内容を入力)
1-1.保有している資産名を入力してください。
1-2.資産がETF(または株式)の場合、チェックを入れてください。
1-3.各資産の評価額(1万口あたり)を入力してください。
1-4.各資産の保有口数を入力してください。
(目標比率を入力)
1-5.各資産の目標とする―組み入れ割合を入力してください。

2.必要であれば、複合欄に入力する
必要であれば、複合欄に入力する

複合欄は、”同じ資産分類に、2つ以上の銘柄を投資している場合”にお使いください。

入力方法:”同じ資産分類に投資する銘柄”から1つ―代表銘柄を選び、代表銘柄以外の”同じ資産分類に投資する銘柄”の複合欄に、代表銘柄名を入力してください(代表銘柄の複合欄は空欄にしてください)。

上記の記入例は、資産分類:”国内株式”に投資する銘柄―国内株式ファンド・国内株式ETF に投資している場合を想定して記入しています(代表銘柄は”国内株式ファンド”を選びました)。

上記のように入力した場合、国内株式ファンドと、国内株式ETFの評価額とが合算して計算されます。


3.許容幅を入力する
許容幅を入力する

許容幅(=資産比率の目標比率からのずれを、±何%ポイントまで許容するかを設定する数値)を入力してください。

許容幅についての解説は、こちら→リバランスの許容幅


4.必要であれば、”入力内容を保存する”をチェックする
必要であれば、”入力内容を保存する”をチェックする

上記のようにチェックしておくと、次回の訪問の際に、今回の入力内容が自動で再現されます。

入力データは、あなたのパソコンのcookie(クッキー)に保存されます。


5.”計算する”ボタンを押す
”計算する”ボタンを押す

入力内容を確認後、”計算する”ボタンを押してください。

6.計算結果を確認する
計算結果を確認する

6-1.売買でリバランスするには、どの銘柄にいくら投資し、どの銘柄をいくら売却すればいいのかが表示されます。
6-2.リバランス前の資産評価額・各資産の資産全体に占める割合が表示されます。
6-3.リバランス後の資産評価額・各資産の取引額・各資産の資産全体に占める割合が表示されます。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール