投資信託ガイドTop > リバランス > 積み立て・取り崩しのリバランス額計算を簡単におこなう方法

« リバランス額計算ツール(積み立て・取り崩し用)のマニュアル | メイン | リバランス額計算ツール(売買用)のマニュアル »

積み立て・取り崩しのリバランス額計算を簡単におこなう方法

 4資産分散ポートフォリオ*は、とてもおすすめのポートフォリオです。4資産分散ポートフォリオがおすすめであると言える理由は、以下です。まず、伝統的4資産に均等に投資することで、リスクが大きく下がるからです**。また、伝統的4資産は、長く運用に利用されてきた資産だからです。
* 伝統的4資産(国内株式・外国株式・国内債券・外国債券)に25%ずつ投資するポートフォリオのこと。
** 4資産ポートフォリオのリスクはこちら→代表的なポートフォリオのリターン・リスク(リンク先の"安定運用"を参照)

 ただ、4資産分散ポートフォリオは、ポートフォリオを組んだ後に積み立て(または取り崩し)でリバランスをする場合の―計算が非常に面倒だという弱点があります。投資信託の積み立て(または取り崩し時)のリバランス額計算の手順は、以下です。なお、以下は、積み立て時の手順です。(1)保有している各々のファンドの時価を計算(=口数×基準価格÷10000)します。(2)各々のファンドの時価が、ポートフォリオ全体の時価のどの程度の割合になっているのかを計算(=ファンドの時価÷ポートフォリオ全体の時価)します。(3)ファンドの時価の割合によって、投資額を調整します(例えば、10万円積み立て投資する場合、"割合がかなり少なくなっている国内株式に8万円投資し、割合が少し少なくなっている外国債券に2万円投資する"―といった具合)。

 特に、上記手順の(3)を厳密にやろうとした場合(=もっとも25%に近い割合になるように投資しようとした場合)、複雑な計算が必要になります。では、どうすれば積み立て・取り崩しのリバランス額を、簡単に計算できるのでしょうか?

 その問いに答えるために、積み立て・取り崩しのリバランス額を、自動で計算できるwebプログラム(無料)を作りましたのでご活用ください。
→リバランス額計算ツール(積み立て・取り崩し対応)

    ※追記(2013/03/06)
    android版も作成しました→リバランス額計算ツール(android用)

※ この記事では、4資産分散ポートフォリオへの―"リバランスソフトの利用"について解説しましたが、このソフトは、他のポートフォリオのリバランス計算にも利用できます。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292