投資信託を金額指定で取引した場合の、端数分の計算

投資信託ガイドTop > 投資信託の計算 > 投資信託を金額指定で取引した場合の、端数分の計算

« 投資信託の譲渡所得にかかる税金の計算 | メイン | 株式投資信託の分配金の課税方式は、”総合課税”と”申告分離課税”との2つから選ぶ »

投資信託を金額指定で取引した場合の、端数分の計算

 投資信託の基準価額は1万口あたりで表示されているため、取引の際に端数が出ることがほとんどです。例えば、30,000円の金額指定で基準価額:12,345円の投資信託を購入した場合、24,301.33…口買える計算になり、0.33…口分端数が出ます。売却した場合も同様に、24,301.33…口売れる計算になり、0.33口分端数が出ます。

 この”端数分”は、単純に四捨五入で計算されているだろう―と思われる方もおられるかもしれません。

 ただ、私の過去の取引(SBI証券での取引)の端数処理を確認してみたところ、そうではないようです。SBI証券での過去の購入履歴(17回)から算出した―端数処理例は、以下です。まず、切り上げられていた―端数を小さい順に2つ挙げると、”0.38219”・”0.46089”でした。一方、切り捨てられていた―端数を大きい順に2つ挙げると、”0.33134”・”0.25335”でした。

 上記の通り、SBI証券では単純に端数を四捨五入するわけではないようなので、端数処理についてメールで聞いてみました。では、SBI証券では、具体的にどの程度の数値を基準に、切り上げ・切り捨てがされているのでしょうか?

 SBI証券では、端数分について、厳密に口数計算されるようです。SBI証券での―具体的な端数処理の計算方法は、以下です。なお、以下では”購入時”の口数を計算していますが、”売却時”も同じです。ちなみに、併記している計算例は、30,000円で基準価額:12,345円の投資信託を購入した場合のものです。

  1. 金額指定で購入できる口数を計算する
  2. (ア)1.の端数を切り捨てた口数と、(イ)ア.に1を加えた口数との―購入に必要な金額(端数四捨五入)を計算する
  3. 2.のうち、購入金額と等しい口数を採用する
1. 金額指定で購入できる口数を計算する。
30,000円(金額指定) ÷ 12,345円(基準価額) × 10,000口(1万口) = 24,301.33…口(購入口数)
2. (ア)1.の端数を切り捨てた口数と、(イ)ア.に1を加えた口数との―購入に必要な金額(端数四捨五入)を計算する。
(ア)1.の端数を切り捨てた―口数を購入するのに必要な金額計算
24,301口(購入口数(端数切り捨て)) × 12,345円(基準価額) ÷ 10,000口(1万口) = 30,000円(購入に必要な金額)
(イ)ア.に1を加えた―口数を、購入するのに必要な金額計算
24,302口(購入口数+1口) × 12,345円(基準価額) ÷ 10,000口(1万口) = 30,001円(購入に必要な金額)
3. 2.のうち、購入金額と等しい口数を採用する。
30,000円(金額指定)=購入口数(24,301口)30,000円←購入金額と等しい口数を採用
24,301口(30,000円)、24,302口(30,001円)なので、24,301口が採用されます。

※ 上記の計算方法は、SBI証券に問い合わせて教えていただきました。

補足説明

手順2.の数値が”両方とも購入金額と等しい口数になった”、または”両方とも購入金額と等しい口数にならなかった”場合はどうなる?

 投資家にとって有利な口数が採用されるようです(購入時は切り上げ・売却時は切り捨て)。手順2.の計算結果でどちらを採用するか決められない場合の―実際の端数処理実績(SBI証券の場合)は、以下です。

 まず、10,000円の金額指定で”購入”した場合に、計算結果が15,865口 (10,000円)と15,866口(10,000円)とになりましたが、15,866口を採用していました(購入口数が多い方を採用しているため、投資家にとって有利)。

 また、10,000円の金額指定で”売却”した場合に、計算結果が7,842口(9,999円)と7,843口(10,001円)とになりましたが、7,842口を採用していました(売却口数が少ない方を採用しているため、投資家にとって有利)。

(注)この補足説明の枠内の記述は、SBI証券に問い合わせたものではなく、私の取引履歴から算出したものです。したがって、場合によっては異なる可能性もありますのでご了承下さい。

わき道

他の大手ネット証券にも、端数処理方法についてメールで聞いてみました。他社の端数処理方法は、以下です。

<楽天証券・カブドットコム証券の場合>
投資信託を金額指定(買付時のみ)で取引した場合の端数分は、常に投資家が有利になるように計算されるそうです。

  • 買付時の端数は、常に切り上げられます(買付口数が多くなるため、投資家にとって有利)。
  • 売却時は金額指定での売却ができない(=口数指定での売却のみ可能)ため、端数は発生しません。

<マネックス証券の場合>
投資信託を金額指定で取引した場合の端数分は、おおむね投資家が有利になるように計算されるそうです。
マネックス証券の端数計算は複雑なため、詳細は別記事にしました。

記事に出てきた証券会社の口座開設はこちら
>>SBI証券
>>楽天証券
>>カブドットコム証券






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292