ネット銀行で振込手数料を節約する

投資信託ガイドTop > 投資信託のコスト削減 > ネット銀行で振込手数料を節約する

« リスクプレミアムとは | メイン | リバランスとは »

ネット銀行で振込手数料を節約する

 投資信託購入の際に、銀行振込をすると振込手数料がかかります。大手銀行で振込を行った場合、振込手数料は、216円もかかります。

 毎月少しずつ積み立て投資をする人にとって、振込手数料の負担は重いです。一万円の投資信託を買うのに216円もの振込手数料は非常にもったいないです。また、毎月複数の投資信託に分散投資する人は、複数回の振込手数料がかかるため、より負担は重くなります。この振込手数料の負担を軽くできないでしょうか?

 ネット銀行を使えばできます。ネット銀行とは、店舗を構えずweb上で業務を行う銀行のことです。なお、ここでは、店舗を構えていても、web上で振込をした場合に、振込手数料がお得になる銀行もネット銀行に含んでいます。ここでは、以下の解説をします。
    ●ネット銀行は、無料~172円の手数料で銀行振込が可能
    ●各ネット銀行の振込手数料一覧
ネット銀行は、無料~172円の手数料で銀行振込が可能
 振込手数料を節約するには、ネット銀行が有効であることを解説しました。では、ネット銀行を使った場合、どの位の手数料で振込ができるのか?を解説したいと思います。

 ネット銀行の振込手数料は、無料~172円です。

各ネット銀行の振込手数料一覧
 ネット銀行を使うことで、無料~172円の手数料で銀行振込ができることをお分かりいただけたと思います。次に、各ネット銀行の振込手数料を紹介していきます。

図:各ネット銀行の振込手数料
ネット銀行名
(会社のHPへ)
振込手数料
住信SBIネット銀行 ランクに応じて月1回~月15回まで無料(それ以降は、154円)*
新生銀行 月1回まで無料(2回以降は、308円)
楽天銀行 165円
ジャパンネット銀行 172円
* 楽天銀行への振込のみ、振込手数料無料の対象外なので、注意してください。





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール