貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう

投資信託ガイドTop > 貸株サービス > 貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう

« 国内ETFは、TOPIX連動型上場投資信託がおすすめ | メイン | 貸株サービスは、信用リスクを負うことに注意 »

貸株サービスを使って、貸株料収入をもらう

 株式(ETF含む)は、有価証券です。有価証券とは、お金と同じくらい価値のあるものです。
 一般に、価値のあるものは、貸し出して利益を上げることができます。例えば、現金です。現金は、銀行に預けると、利子がもらえます。もう一つ例を挙げると、土地があります。土地は、人に貸すと、利用料がもらえます。

 ただ、今まで、個人投資家が、株式を貸し出して、利益を上げることはできませんでした。株式購入後は、安全に保管してもらうことしか、できなかったのです。では、現在も、株式を貸し出して、利益を上げることはできないのでしょうか?

 貸株サービスを使えば、株を貸すことで、利益を上げることができます。貸株サービスとは、投資家が貸し出した株を、証券会社が運用して、その利益の一部を投資家に還元するサービスのことです。貸株の利益獲得の方法は、以下です。

 まず、投資家が、証券会社に株式を貸します。証券会社は、投資家から借りた株式を機関投資家に貸し、貸株料を受け取ります。証券会社は、株式を貸してくれた投資家に、“機関投資家から受け取った貸株料“の中から貸株料を支払います。

図:貸株サービスのしくみ
貸株サービスのしくみ






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール