確定拠出年金(401k)の拠出限度額

投資信託ガイドTop > 確定拠出年金(401k) > 確定拠出年金(401k)の拠出限度額

« 特別法人税が凍結解除された場合の、確定拠出年金と通常の運用との運用益比較 | メイン | 確定拠出年金(401k)の受け取り開始年齢 »

確定拠出年金(401k)の拠出限度額

 「確定拠出年金(401k)の利点(メリット)」で解説したように、確定拠出年金(401k)の拠出額は、全額所得控除です。この全額所得控除の節税効果は、大きいです。なぜなら、(1)所得には、税金(所得税・住民税・社会保険料)がかかりますが、(2)上記の税率の合計は、所得の約4割だからです。

 ただ、確定拠出年金(401k)の拠出額には、限度額があります。なぜかというと、(1)確定拠出年金(401k)の拠出額は、全額所得控除ですが、(2)先ほど解説したように、全額所得控除は、節税効果が大きすぎるからです。では、確定拠出年金(401k)の拠出限度額は、いくらでしょうか?

 拠出者タイプ別の拠出限度額は、以下です。サラリーマン(=第二号被保険者)で、(1)企業年金が有り、確定給付年金が無い場合(下表1)、月額55,000円(企業型)。(2)企業年金が有り、確定給付年金が有る場合(下表2)、月額27,500円(企業型)。(3)企業年金が無い場合(下表3)、月額23,000円(個人型)です。また、サラリーマンではなく、自営業者等(=第一号被保険者)の場合(下表4)、月額68,000円*(個人型)です。

図:拠出者タイプ別の拠出限度額

分類企業年金確定給付年金の有無サラリーマンかどうか拠出限度額
企業型月額55,000円
月額27,500円
個人型月額23,000円
×月額68,000円*
* 国民年基金・農業者年金基金と合算。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール