ドルコスト平均法が有利である前提

投資信託ガイドTop > ドルコスト平均法 > ドルコスト平均法が有利である前提

« 外国株式(海外ETF)の特定口座対応状況 | メイン | 既にまとまった資金がある場合のドルコスト平均法 »

ドルコスト平均法が有利である前提

 「ドルコスト平均法とは?」で、ドルコスト平均法の利点は、投資対象の買値を安く安定させられることだ―と解説しました。

 ただ、ドルコスト平均法で投資対象の買値を安く安定させたとしても、価値の上がる見込みのない(もしくは、価値が下がる)―投資対象では意味がありません。価値の上がらない投資対象では、ドルコスト平均法に意味がない理由は、(1)先ほど解説したように、ドルコスト平均法は、投資対象の買値を安く安定させますが、(2)投資対象の買値を安く安定させても、投資した対象の―価値が上がらなければ、資産価値は増えないからです。では、ドルコスト平均法の利点が有効になるには、何が必要なのでしょうか?

 投資対象の価値が、将来的に上がることが必要です。投資対象の価値が上がることが必要な理由は、(1)投資対象への投資は、一般的にお金を増やすために実行しますが、(2)投資した対象の―価値が上がらなければ、お金は増えないからです。

図:ドルコスト平均法は、将来的に価値が下がる投資対象には効果がない
ドルコスト平均法は、将来的に価値が下がる投資対象には効果がない


ドルコスト平均法での積み立てなら、コストの安い投信を数多く扱う―SBI証券がおすすめです。
>>SBI証券


記事がお役に立ったら、資産運用を考えるお友達にこの記事をSNSなどで紹介してください。あなたの大切な方にも役に立つと思います。
↓  ↓  ↓




「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292