投資信託ガイドTop > ドルコスト平均法 > ドルコスト平均法が有利である前提

« 外国株式(海外ETF)の特定口座対応状況 | メイン | 既にまとまった資金がある場合のドルコスト平均法 »

ドルコスト平均法が有利である前提

 「ドルコスト平均法とは?」で、ドルコスト平均法の利点は、投資対象の買値を安く安定させられることだ―と解説しました。

 ただ、ドルコスト平均法で投資対象の買値を安く安定させたとしても、価値の上がる見込みのない(もしくは、価値が下がる)―投資対象では意味がありません。価値の上がらない投資対象では、ドルコスト平均法に意味がない理由は、(1)先ほど解説したように、ドルコスト平均法は、投資対象の買値を安く安定させますが、(2)投資対象の買値を安く安定させても、投資した対象の―価値が上がらなければ、資産価値は増えないからです。では、ドルコスト平均法の利点が有効になるには、何が必要なのでしょうか?

 投資対象の価値が、将来的に上がることが必要です。投資対象の価値が上がることが必要な理由は、(1)投資対象への投資は、一般的にお金を増やすために実行しますが、(2)投資した対象の―価値が上がらなければ、お金は増えないからです。

図:ドルコスト平均法は、将来的に価値が下がる投資対象には効果がない
ドルコスト平均法は、将来的に価値が下がる投資対象には効果がない



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292