投資信託ガイドTop > ドルコスト平均法 > ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点

« ETFを自動積立する方法 | メイン | 資産価値を下げるインフレ »

ワンコイン積立(プチ株)でのETF積立の弱点

 「ETFを自動積立する方法」で、ワンコイン積立(プチ株)を使えば、ETFの自動積立ができると解説しました。上記のサービスを使えば、設定した積立額に応じて、毎月自動で適切な株数を購入してもらえます。

 ただ、ワンコイン積立(プチ株)には、投資信託の自動積み立てよりも不利な点があります。では、不利な点とは何でしょうか?

 ワンコイン積立(プチ株)が、投資信託の自動積み立てよりも不利な点は以下です。

(1)手数料がかかる

 ワンコイン積立(プチ株)の手数料は、以下です。まず、約定代金2万円まで100円(税抜)かかります。そして、約定代金が1万円増えるごとに67円(税抜)加算されます。

 ただし、手数料の影響は少ないです。手数料の影響が少ない理由は、以下です。まず、長期投資の場合、一度しかかからない手数料の負担は長期投資で薄まるからです*。また、以下の表のようにワンコイン積立(プチ株)は、継続するほど手数料が安くなるからです(最大50%割引)。

* 参考→長期投資の利点:コストが低下する

図:ワンコイン積立(プチ株)の手数料割引

積立回数 割引
1回 0%割引
2回 10%割引
3回 20%割引
4回 30%割引
5回 40%割引
6回以降 50%割引

(2)引き落とし銀行が少ない

 ワンコイン積立(プチ株)は、auカブコム証券の口座、もしくは限られた銀行からしか引き落としできません。引き落としができる銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・スルガ銀行・大垣共立銀行―の7行だけです。

 そのため、"限られた引き落とし銀行"の中にメイン銀行があればいいのですが、そうでない場合は、"限られた引き落とし銀行の口座"か、"auカブコム証券の口座"にあらかじめお金を入れておく必要があります。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292