投資信託ガイドTop > ドルコスト平均法 > 定額積み立てよりタイミング投資をすべきか?

« 長期投資の利点:コストが低下する | メイン | ドルコスト平均法の為替安定効果 »

定額積み立てよりタイミング投資をすべきか?

 投資信託で資産を築くには、毎月決まった額を積み立てていく方法がおすすめです。具体的には、月2万円を積み立てる・月5万円を積み立てる―といった具合です。

 ただ、価格が安くなった時を見計らって買い、価格が高くなったら売るという―"タイミング投資"の方が効率的ではないか? と思われる方がおられるかもしれません。では、タイミング投資はすべきなのでしょうか?

 タイミング投資は労力に見合わないため、すべきではありません。タイミング投資は、労力に見合わない理由は、以下です。

(1)競争相手が強力だから
高度な金融知識を持ち、専用のソフトを駆使する―世界中のプロが最も良いタイミングで投資をしようとしています。タイミング投資で利益を上げるには、それらの運用のプロよりうまく取引をしなければなりません。

(2)競争に勝っても成果は少ないから
万が一運用のプロよりうまく取引できたとしても、売買タイミングが運用益に与える影響は"1~2割程度"しかありません。*
* 参考→長期投資のリターンを決める要素

図:労力に見合わないタイミング投資
労力に見合わないタイミング投資



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292