ネット証券のATMを使った入出金への対応状況

投資信託ガイドTop > 投資信託の販売会社 > ネット証券のATMを使った入出金への対応状況

« 投資者保護基金とは | メイン | リレー投資をしない人には、インデックスeシリーズより、SMTインデックスシリーズの方がおすすめ »

ネット証券のATMを使った入出金への対応状況

 店舗型の証券会社の場合、幅広い入出金方法が用意されていることが多いです。店舗型の証券会社の入出金方法は、以下です。まず、店舗型の証券会社への入金方法は、多くの場合、”即時入金”・”銀行振り込み”・”ATMでの入金”が用意されています。次に、店舗型の証券会社からの出金方法は、多くの場合、”指定した銀行に振り込んでもらう”・ATMでの出金”が用意されています。

 一方、ネット証券の場合、店舗型の証券会社ではおこなえる―ATMを使った入出金ができないことが多いです。

 ただ、即時入金が優秀であるため、”入金”の際にATMが使えないのはあまり問題ではありません。即時入金での入金と、ATMでの入金の比較は、以下です。まず、即時入金での入金は、ネット上の操作で簡単に実行できて、振込手数料もかかりません。また、ATMでの入金は、ATMまで行く必要があり、振込手数料がかかります。

 しかし、証券口座からその日の内にお金を引き出すことができないため、”出金”の際にATMを使えないのは望ましくありません。ATMを使えないと、証券口座からその日の内にお金を引き出すことができない理由は、(1)ATMでの出金がおこなえない場合、証券会社に”指定した銀行への振り込み”を依頼するしかありませんが、(2)証券会社に”指定した銀行への振り込み”を依頼した場合、翌営業日(依頼時間よっては翌々営業日)に振り込まれる―からです。

 そのため、ネット証券の口座を開くなら、急にお金が必要になったときにすぐお金を引き出せる―”ATMでの出金ができる証券会社”がいいでしょう。では、大手ネット証券は、ATMによる入出金ができるのでしょうか?

 以下の表で、大手ネット証券のATMによる入出金の可否をまとめました。

図:大手ネット証券のATMによる入出金

証券会社名
(公式ページ)
ATMによる入出金使用できるATM
SBI証券ゆうちょ銀行のATM
セブン銀行のATM
マネックス証券○*ゆうちょ銀行のATM
セブン銀行のATM
セゾンのATM
カブドットコム証券×
楽天証券×
松井証券×
* キャッシュカードは、クレジットカードが一体になったものしかありません。

わき道

ATMでの入出金は手数料がかかることが多いので、基本はネットを使った入出金の方がいいでしょう。

図:大手ネット証券のATM入出金の手数料

証券会社名
(公式ページ)
セブン銀行ゆうちょ銀行セゾンATM
時間帯時間帯時間帯
7:00~19:00←以外全時間帯全時間帯
SBI証券0円108円216円×
マネックス証券0円0円*****
** 入金時:0円 / 出金時:108円
*** 入金時:使用不可 / 出金時:108円
※2017年3月現在






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール