取り崩しを始めるのは老後でなくてもよい

投資信託ガイドTop > 投資信託の取り崩し > 取り崩しを始めるのは老後でなくてもよい

« 銀行預金だけでは老後資金を用意できません | メイン | 生命保険の掛け金を積み立て資金にできないか考えてみる »

取り崩しを始めるのは老後でなくてもよい

 取り崩しといえば、年金に追加するためにおこなうイメージが強いかもしれません。公的年金だけでは足りない分を補うイメージです。

 ただ、年金に追加するために毎月数万円を取り崩そうとすると、取り崩し開始までに貯めなくてはならないお金も大きくなります。貯めなければならないお金が大きすぎると感じる場合、年金への追加にこだわらず、使用目的を自由にきめるのもひとつの方法です。

  • 取り崩しと言えば、年金に追加するためにおこなうイメージが強い
  • 年金に追加することにこだわると目標額が大金になる
  • 使用目的を自由にきめて、投資計画をたてよう

取り崩しと言えば、年金に追加するためにおこなうイメージが強い

 取り崩しは、定年までお金を積み立てて、定年後に取り崩していくイメージが強いかもしれません。たとえば、60歳までに4,000万円貯めて、毎月10万円ずつ取り崩すといった具合です。

 このようなイメージは、公的年金だけではじゅうぶんでない、と考える方が多いからでしょうか。じゅうぶんでない年金を、自分で補強するわけです。

 そのため、給与収入がなくなる老後にそなえて、積み立てておこうと考えるのでしょう。


年金に追加することにこだわると目標額が大金になる

 年金に追加するために、毎月数万円取り崩せる額を用意しようとすると、大きな額が必要になります。たとえば、毎月10万円(年120万円)取り崩したい場合、取り崩し開始までに、3,000万円が必要になります(期待リターン:4%で計算)。計算式は、「120万円÷4%=3,000万円」です。

 大きな額を用意するには、毎月の積立額もたくさん必要です。たとえば、3,000万円を用意するには、期待リターン:4%で30年運用する場合でも、月4.5万円の積み立てが必要になります。

>>目標の積立額から、月々必要な積立額を計算してみよう

 毎月の積立額が高額になりすぎると、積立開始自体をあきらめてしまう可能性もあります。そこで、発想の転換をして、低めに目標を設定してみると良いのではないでしょうか。年に1、2回の帰省や旅行の資金を、取り崩しで用意することを目標にしてもよいかもしれません。


使用目的を自由にきめて、投資計画をたてよう

 取り崩しは、年金に追加することにこだわらなくても構いません。取り崩しは、定年後でなくてもはじめられるのです。30歳から取り崩しを開始してもかまいませんし、40歳からでもかまいません。

 また、年に1回の取り崩しでよければ、それほど大きな積立額は必要ありません。例えば、年に20万円の取り崩しでよければ、積立金は500万円でたります(期待リターン:4%で計算)。計算式は、「20万円÷4%=500万円」です。

 必要な額は人それぞれなので、老後のために必要な額を用意しなければならない、という考えにしばられる必要はありません。必要な額が少なくなれば、積み立てもおこないやすくなるでしょう。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール