投資信託ガイドTop > 投資信託の情報取得方法 > インデックスファンドかどうかを調べるときは、目論見書で確認

« 繰上償還は、投資家に負担がかかるため望ましくない | メイン | 最も安い販売手数料を調べるには、運用会社のホームページを確認 »

インデックスファンドかどうかを調べるときは、目論見書で確認

 インデックスファンドの名前には、多くの場合、"インデックス"や"(インデックス名)例:topix"がついています。そういったファンドの場合、インデックスファンドだということを、確認するのは難しくありません。また、名前でアクティブファンドだと、確認できるものもあります。例えば、名前に"アクティブ"と書いてある場合などです。

 ただ、"インデックス"や"(インデックス名)"と名前に入っていないインデックスファンドも存在します。もちろん、"アクティブ"と名前に入っていないアクティブファンドもあります。インデックスファンドを探す際にこまるのは、名前でインデックスファンドかアクティブファンドか、判断できない場合です。では、名前でどちらか判断できないときは、どうすればいいのでしょうか?

 目論見書で確認しましょう。具体的には、目論見書の"ファンドの概要"に、(インデックス名)に連動すること目指す。と書いてあるか確認します。なお、若干、言い回しが異なる場合もあります。例:(インデックス名)に追随する・国内の株式市場の動きをとらえることを目標に運用を行います。など。

 目論見書の"ファンドの概要"には、投資信託の特徴が書かれています。インデックスファンドは、インデックスに連動するという特徴があります。したがって、インデックスファンドの目論見書の概要には、インデックスに連動すると書いてあります。

    アクティブファンドの場合は、何と書いてある?
     (インデックス名)を上回ることを目指す。中長期的な信託財産の成長を目指す。など。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292