マザーファンドとベビーファンド

投資信託ガイドTop > 投資信託の知識 > マザーファンドとベビーファンド

« ポートフォリオを組むことで、相場の影響を軽減できる | メイン | ベンチマークとは »

マザーファンドとベビーファンド

 投資家のニーズは様々です。毎月分配金が欲しい投資家もいれば、より多くリターンを求めるため、分配金は受けとらず、その分を再投資し、さらなる利益を望む人もいます。

 そうした様々なニーズに応えるのが、マザーファンドベビーファンドです。

 マザーファンドとは、実際に運用を行うファンドです。そして、投資家のニーズにあわせた投資商品がベビーファンドです。ベビーファンドで集めた資金を、全てマザーファンドに集めて、大きなお金にして運用を行います。そして、運用で得られた利益を、各ベビーファンド毎に分配するようになっています。

マザーファンドとベビーファンドの仕組み
マザーファンドとベビーファンドの仕組み

 つまり、分配方法の異なるベビーファンドで集まった資金を、マザーファンドに集め、運用を行う仕組みになっています。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292