ETFと国内株式TOPIXファンド、どちらへ投資すべきか

投資信託ガイドTop > 国内ETF > ETFと国内株式TOPIXファンド、どちらへ投資すべきか

« 国内債券に投資したい場合、何に投資すべきか | メイン | モーニングスターとは »

ETFと国内株式TOPIXファンド、どちらへ投資すべきか

 国内株式のインデックスファンドに投資しようとする場合、ETFに投資する方法と、国内株式TOPIXファンドに投資する方法の2種類があります。なお、国内株式のインデックスファンドには、TOPIXに連動するもののほかに、日経平均株価に連動するものもあります。ただ、日経平均株価に連動するものは、購入銘柄数が少ない(200銘柄程度。TOPIXに連動するものは1500銘柄程度)ため、分散投資効果が低いです。そのため、ここでは、国内株式インデックスファンドの代表として、TOPIXファンドを選びます。

 ETFとTOPIXファンドは、国内株式インデックスに連動することを目的とするインデックスファンドです。したがって、両者の投資方針に、大きな違いはありません。しかし、投資方針以外の点で、両者には、若干の違いがあります。その両者の若干の違いが、どちらを買うべきか判断する材料になりそうです。ETFとTOPIXファンドのどちらを買うべきでしょうか?

 TOPIXファンドを買うべきです。理由は、購入条件が有利だからです。

  • TOPIXファンドは、1万円から投資できるから
  • TOPIXファンドは、ノーロードファンド(=購入手数料無料のファンド)があるから
    ※追記(2009/5/13)
    現在は、ETFを買うべきです。なぜなら、ETFの購入条件が改善され、TOPIXファンドと同じくらい買いやすくなったからです。また、「ETFは信託報酬が安い」で解説していますが、ETFは、信託報酬が格安だからです。

TOPIXファンドは、1万円から投資できる

 ETFとTOPIXファンドには、投資方針以外の点で、若干の違いがあると解説しました。そのひとつが、最低投資金額です。最低投資金額は、投資商品ごとに決められています。例えば、株式を購入する際は、株式ごとに”~株単位で買わなければならない”等の、決まりがあります。もちろん、この最低投資金額は、TOPIXファンドにも設定されています。TOPIXファンドは、1万円以上で購入が可能です。

 TOPIXファンドは、1万円から投資できることで、効率的に投資ができます。例えば、1万円しか追加投資できない場合でも投資することができるので、お金が貯まるまで投資できないといったことがありません。また、追加投資でポートフォリオの微調整ができるため、リバランスが行いやすいです。

ポートフォリオの微調整については、こちら→リバランスとは?
    ETFの最低投資金額は? 16万円程度です。
     ETFは、1株1600円程度(2017年3月現在)で、最低取引株数は100株です。したがって、投資するのに16万円程度(=1600円×100株)が必要になります。そのため、追加投資に多くのお金が必要になります。よって、ポートフォリオの微調整が行いにくいです。

    ※追記(2008/9/2)
    この記事は、ETFの最低購入価格が高いときに書かれたものです。現在は、最低購入株数が1/10(100株→10株)に引き下げられた*ため、1/10の価格で購入できます。
    * TOPIX連動型上場投資信託(証券コード:1306)のみ

図:ETFと国内株式TOPIXファンドの最低投資金額
ETFと国内株式TOPIXファンドの最低投資金額


TOPIXファンドは、ノーロードファンド(=購入手数料無料のファンド)がある

 TOPIXファンドは、1万円から買えるため、良いと解説しました。ETFとTOPIXファンドのもうひとつの違いは、購入手数料です。投資商品を買う際には、多くの場合、購入手数料がかかります。TOPIXファンドの購入手数料は、いくらかかるのでしょうか?TOPIXファンドには、ノーロードファンドがありますので、購入手数料無料で購入できます。以下に、ノーロードファンドの一覧を載せておきます。

図:ノーロードファンド一覧

ファンド名
ニッセイTOPIXインデックスファンド
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
iFree TOPIXインデックス
日本株式インデックスe
    ETFの購入手数料は? 103円(1単位購入の場合)です。  SBI証券で、ETFを購入した場合、購入手数料が103円かかります。*購入手数料を購入手数料÷購入代金で計算すると、0.074%(=103÷160,000×100(%))の購入手数料がかかることになります。 * アクティブプランの場合





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール