ETFの購入手数料

投資信託ガイドTop > 国内ETF > ETFの購入手数料

« 運用会社HPで非公開の運用報告書は、販売会社HPで入手 | メイン | 海外ETFの購入手数料 »

ETFの購入手数料

 ETFは、証券取引所に上場されている投資信託です。そのため、株式と同じように、売買することができます。ETFの現在の主流は、国内株式インデックス(=TOPIX、または日経平均株価)に連動するように、運用されるものです。
 しかし、国内株式インデックスに連動するものには、他に“国内株式インデックスファンド”もあります。ETFの利点は、この“国内株式インデックスファンド”に比べ、信託手数料がかなり安い(1/5程度)ことです。したがって、コストを抑えた運用を目指す人に向いた投資商品と言えます。

 ただ、ETFには、購入手数料がかかります。対して、国内株式インデックスファンドの代表的なものである“日本株式インデックスe”は、ノーロード(=手数料無料)で購入できます。
 しかし、この“ETFの購入手数料”も、ネット証券の競争により、かなり安くなってきています。では、ETFの購入手数料はいくらかかるのでしょうか?

 最も手数料の安い証券会社の場合、手数料無料(1単位購入時)で、購入できます。ETFの購入手数料の安い証券会社は、以下です。なお、購入手数料は、全て1単位購入時のものです。

 最も安くETFを購入できる証券会社は、SBI証券と、松井証券です。手数料無料で購入できます。次に安いのは、ライブスター証券です。80円(税抜)の手数料で購入できます。

図:1単位購入時の購入手数料

証券会社名(会社のHPへ) 購入手数料(税抜)
SBI証券 0円*
松井証券 0円
ライブスター証券 80円**

* アクティブプランの場合
** 一律プランの場合
※上記のデータは、2017年9月のものです。購入の際には、証券会社のホームページで確認してください。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292