ETFの運用にかかるコストは

投資信託ガイドTop > 国内ETF > ETFの運用にかかるコストは

« ミニ株を使ったETFの積み立て投資は、実用的か | メイン | 海外ETFの価格の調べ方 »

ETFの運用にかかるコストは

 ETFは、株式市場に上場された投資信託です。ETFの現在の主流は、国内株式インデックスに連動するものです。国内株式インデックスに連動するものには、他に“国内株式インデックスファンド”もあります。ETFの最大の利点は、この“国内株式インデックスファンド”より信託手数料が安い(1/5程度)ことです。

 ただ、投資信託の運用にかかるコストは、信託手数料だけではありません。信託手数料にくわえて、委託手数料・有価証券取引税・保管管理等 の3つのコストがかかります。そのため、信託手数料が安い投資信託でも、他の3つの運用にかかるコストが高い場合、結果として運用にかかるコストが高くなることがあります。では、ETFの運用にかかるコストは、いくらなのでしょうか?

 最も安いもので、年0.1146%です。ETFの運用にかかるコストは、以下です。

 上場インデックスファンドTOPIXの運用にかかるコストは、0.1197%です。また、ダイワ 上場投信-トピックスは、0.1341%です。TOPIX連動型上場投資信託は、0.1305%です。MAXIS トピックス上場投信は、0.1146%です。

図:各ETFの、運用にかかるコスト一覧

ETF名 信託報酬(税抜) 運用にかかるコスト(信託手数料+委託手数料+有価証券取引税+保管管理等)
上場インデックスファンドTOPIX* 0.0880% 0.1197%
ダイワ 上場投信-トピックス** 0.1100% 0.1341%
TOPIX連動型上場投資信託** 0.1100% 0.1305%
MAXIS トピックス上場投信** 0.0780% 0.1146%

* 最低購入株数:100
** 最低購入株数:10
※上記のデータは、2016年12月のものです。直近3年の目論見書のデータを元に、作成しました。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール