ETFが上場廃止になったら、問題なく現金化できる?

投資信託ガイドTop > 国内ETF > ETFが上場廃止になったら、問題なく現金化できる?

« 運用にかかるコストは、DFC FUNDGUIDE で確認できる | メイン | 海外ETFの購入には、為替手数料がかかる »

ETFが上場廃止になったら、問題なく現金化できる?

 ETFは、“証券市場に上場している”投資信託です。“証券市場に上場している”ということは、上場基準を満たさなくなれば、上場廃止される可能性もあります。

 ただ、上場廃止には、あまり良いイメージはないかもしれません。例えば、株式が上場廃止された場合、売買がむずかしくなってしまいます。なぜなら、市場を通じて、取引を行えなくなるからです。そのため、株式を現金化しにくくなるという問題が発生します。では、ETFが上場廃止になってしまった場合、問題なく現金化できるのでしょうか?

 問題なくできます。具体的な現金化の方法は、以下です。

 上場廃止決定後の1ヶ月は、整理ポストに入ります。この時は、通常の売買が可能です。その後は、指定参加者(=証券会社)に買取請求を行うことで、現金化可能になります。

図:ETFが上場廃止になった場合の、現金化の方法
ETFが上場廃止になった場合の、現金化の方法






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール