確定拠出年金(401k)のマッチング拠出

投資信託ガイドTop > 確定拠出年金(401k) > 確定拠出年金(401k)のマッチング拠出

« エマージング(新興国)の株式インデックスに連動する―インデックスファンド | メイン | 銀行口座引き落としによる投資信託積み立て―証券会社の対応状況 »

確定拠出年金(401k)のマッチング拠出

 確定拠出年金(401k)の拠出金は、個人・企業のいずれか一方のみが拠出します。各確定拠出金年金タイプの拠出者は、以下です。個人型確定拠出年金は、個人が拠出額を決めて拠出します。企業型確定拠出年金は、会社が拠出額を決めて拠出します。

 ただ、米国の確定拠出年金には、個人の拠出額に上乗せして、企業が追加拠出してくれる―仕組み(=マッチング拠出)があります。企業が追加して拠出してくれる額は、以下のようにして決められます。まず、個人が拠出額を決めます。そして、“その拠出額に応じた額”が、勤め先企業の拠出する額になります。では、日本の確定拠出年金には、マッチング拠出が認められているのでしょうか?

 現在、認められていません。

※追記(2010/2/2)
2010年1月1日に、企業確定拠出年金が改善され、個人のマッチング拠出が可能になりました。したがって、現在は、企業の拠出金に追加して―個人も拠出できます(ただし、”企業の拠出額と同じ額が上限”かつ、”企業の拠出金と合わせて拠出限度額まで”―という制限あり)。

図:米国の確定拠出年金のマッチング拠出
米国の確定拠出年金のマッチング拠出






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール