リバランスのリターン上昇のしくみ

投資信託ガイドTop > リバランス > リバランスのリターン上昇のしくみ

« バランスファンドは、グローバル・インデックス・バランスファンド(投資生活)がおすすめ | メイン | 外国株式(海外ETF)の譲渡所得の税金計算 »

リバランスのリターン上昇のしくみ

 「リバランスの効果」で、リバランスをおこなうと、リバランスをおこなわなかった場合に比べ、リターンが高くなる―というデータがあることを解説しました。

 ただ、リバランスは、資産の比率のバランスを調節するだけです。リバランス実行時におこなうことは、(1)ポートフォリオの状況を確認し、(2)ファンドの売買をする(比率が下がっているものを買い、比率が上がっているものを売る)―の2つです。では、なぜ、リバランスで、リターンが上昇したのでしょうか?

 それは、リバランス実行時に、有利な価格で取引できたからです。有利な価格で取引できた理由は、以下です。なお、以下は、“リバランスの売却時”の場合です。

 リバランスの売却時には、“比率が上がった資産”を売ります。“比率が上がった資産”は、保有している他の資産に比べ、相対的に価格が高くなっています。したがって、リバランスをおこなうことで、相対的に高い価格で―資産が売却できます。
※ “リバランスの購入時“は、同じ理屈で、相対的に安い価格で―資産が購入できます。

図:リバランスのリターン上昇のしくみ
リバランスのリターン上昇のしくみ






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292