投資信託の運用を確認するための書類

投資信託ガイドTop > 投資信託の知識 > 投資信託の運用を確認するための書類

« グロソブとは | メイン | 目論見書とは »

投資信託の運用を確認するための書類

投資信託の運用を確認するための書類には、2種類あります。
目論見書”と”運用報告書”です

これから、それぞれの書類について、解説していきたいと思います。

運用を確認するための書類
目論見書とは
投資信託を購入する際、投資信託の名前だけで投資の判断をすることは、あまりにも困難です。例えば、株式ファンドという名前でも、どの程度のリスクをとっていくのか?国内の株式のみに投資するのか?外国の株式にも投資するのか?といったことが分かりません。・・・


運用報告書とは
投資信託を購入する際に目論見書をよく読み、購入する投資信託がどういったものかしっかり理解した上で購入することは、非常に大切なことです。しかし、ほぼ全ての投資信託は、目論見書通りに運用を行っているのですが、より大きく利益を上げるために、目論見書に記載されていない投資活動をしてしまうファンドがあるかもしれません。・・・






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292