個人型確定拠出年金の口座管理手数料

投資信託ガイドTop > 確定拠出年金(401k) > 個人型確定拠出年金の口座管理手数料

« 新生銀行で振込手数料無料の条件を満たし、月5回まで振込手数料を無料にする | メイン | 投資信託の本を安く購入する方法 »

個人型確定拠出年金の口座管理手数料

  「確定拠出年金(401k)の利点(メリット)」で、確定拠出年金(401k)は、個人の年金積立を国が支援してくれるものだと解説しました。その根拠として、記事では、年金資金が、(1)従業員個人に帰属すること(2)税制優遇されること―を挙げました。

 ただ、“個人の年金積立を国が支援してくれるもの“だからといって、確定拠出年金(401k)に、まったく手数料がかからないわけではありません。確定拠出年金(401k)を利用する人は、口座管理手数料を支払わなければなりません。それは、(1)コストは、利用する人が負担しなければなりませんが、(2)確定拠出年金(401k)には、口座管理のコストがかかっているからです。では、口座管理手数料には、どんなものがあるのでしょうか?

 口座管理手数料は、支払い回数によって、2つに分けられます。具体的には、以下の表のとおりです。

1.加入時のみかかる手数料

支払先名支払額
国民年金基金連合会2777円
運営管理機関金融機関によって異なる。(0~1080円程度)
※必要ない場合(=0円)が多い。


2.毎月かかる手数料

支払先名支払額
国民年金基金連合会103円
運営管理機関金融機関によって異なる。(300~400円程度)
信託銀行ほとんどが64円
    なお、投資信託を購入した場合、信託報酬などの手数料もかかります。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://teiiyone.com/blog/cat19/




カテゴリー一覧

投資ツール

Powered by
Movable Type 4.292