« 目論見書とは | メイン | 追加(オープン)型と単位(ユニット)型 »

運用報告書とは

投資信託を購入する際に目論見書をよく読み、購入する投資信託がどういったものかしっかり理解した上で購入することは、非常に大切なことです。

しかし、ほぼ全ての投資信託は、目論見書通りに運用を行っているのですが、より大きく利益を上げるために、目論見書に記載されていない投資活動をしてしまうファンドがあるかもしれません。こういう投資活動は、投資家にとって意外な行動であり、うまくいけばまだいいのですが、うまくいかなかった時は最悪です。

そういった行き過ぎた投資活動を防止するために、"運用報告書"というものの発行が義務付けられています。

これから、運用報告書の概要発行理由運用状況をつかむ重要項目を解説していきたいと思います。

概要
まず始めに、運用報告書とはどんなものか?について解説したいと思います。
運用報告書とは、投資信託会社が、投資家に運用状況を定期的に報告する書類です。
ここでは、発行対象者内容発行周期について解説します。
発行対象は、投資信託を保有している投資家です。内容は、運用経過、収益分配金、今後の運用方針、設定以来の運用実績、基準価格と市況の推移、売買および取引の状況などです。発行周期は、決算期ごとです。ただし、決算期が6ヵ月未満のものは、半年ごとに発行されます。

発行理由
運用報告書の概要について解説してきました。次に、なぜ発行するのか?について解説していきます。
運用報告書の発行理由には、投資家の保護法律の規定があります。
投資家の保護のしくみは、投資信託の運用状況を、投資家が把握できるようにすることにあります。投資信託会社に運用状況の報告をさせることで、投資家が運用状況を監視できるようにしているわけです。
また、運用報告書を発行することは、法律(投資信託法第33条)で定められています。

図:運用報告書発行により、投資家が運用状況を監視できる
運用報告書発行により、投資家が運用状況を監視できる

運用状況をつかむ重要項目
運用報告書の発行理由についてはお分かり頂けたと思います。次に、運用状況をつかむための項目はどれか?を解説していきます。
運用状況をつかむ重要項目には、運用経過今後の運用方針があります。
運用経過には、運用期間中の市況状況や、運用成績のベンチマークとの比較など、運用状況について詳しく書かれています。
今後の運用方針には、これからの運用方針が記載されています。ここを読むことにより、今後も意向に沿った運用をするかが確認できます。



投資信託自動取り崩しサービスがある証券会社のおすすめランキング

1位:フィデリティ証券
フィデリティ証券

取り崩しの年率を設定すると、毎月取り崩し年率の12分の1の額を取り崩してくれます。

たとえば、全世界株式のリターン:4.5%(インフレ調整後)を設定すると、毎月0.375%(=4.5%÷12ヶ月)ずつ取り崩してくれます。

そのため、取り崩したい年率の、ぴったり1ヶ月分を毎月取り崩すことができます。

取り崩したお金は、毎月設定した額を、設定した銀行口座に振り込んでもらうように設定できます。

ですので、証券会社の都合で、振込先の銀行がしばられません。

現時点でもっともすぐれた取り崩しサービスを提供しており、いちばんおすすめです。

・公式ページ



2位:楽天証券
楽天証券

資産額の0.1%以上0.1%刻みで、毎月の取り崩し率の設定ができます。

全世界株式のリターン:年4.5%(インフレ調整後)を毎月取り崩すなら、月0.3%(年3.6%)もしくは月0.4%(年4.8%)のいずれかで取り崩すと良いでしょう。

取り崩したお金は、毎月、全額を楽天銀行に自動で振り込んでもらうように設定することもできます。

・公式ページ



3位:SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

「毎月○%取り崩す」というようなパーセントでの取り崩しはできず、額を指定する(例:月5万円など)取り崩ししかできません。

銀行口座への自動振り込みはおこなっておらず、定期的に証券口座から、銀行口座に手動でお金を動かさなくてはなりません。

・公式ページ













カテゴリー一覧

Powered by
Movable Type 4.292